家禽の捕食者 ~ アナグマ編


アナグマの被害



アナグマは、背が低く、太く、灰色の体、黒い顔、頭から尾まで明るい色の縞模様の、ずんぐりした中型の哺乳類です。アナグマは日和見主義者であり、地面に巣を作る鳥とその卵、哺乳類、爬虫類、両生類、昆虫を捕食します。


アナグマも猛威なため、捕食者はほとんどいません。彼らは夜に活動し、日中は巣穴に隠れます。冬になると、アナグマは実際には冬眠しませんが、巣穴に隠れることがよくあります。


アナグマは掘る能力で知られていますが、その地域で掘った形跡があればアナグマであることを示しています。フェンスの下や鶏小屋の床を掘ることもあります。

アナグマの攻撃を防ぐ方法



●地下を掘らないようにする
金網は最低でも地面の下、30~45cmに埋める必要があります。


●げっ歯類の管理
家禽の近くのネズミの個体数の管理および駆除すること。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280