≪犬・猫≫ギブソン犬バベシア ~ 犬、キツネ、オオカミ、ジャッカル、マングース、イタチアナグマに寄生



ギブソン犬バベシア(Babesia gibsoni)、小形のバベシアで赤血球内虫体は多形で、対をなす特徴的な洋なし状の虫体がみられることは少なく、円形の虫体が多くみられ、ときには十字形に並んだ4虫体が現れます。


形態上は、B.equiに類似、円形虫体は径1.2~3.2㎛、細長いものは、3.0~4.0 x 1.2~2.0㎛、アメーバ状虫体は径2.0~2.5㎛、洋なし状のものは、1.4~2.0㎛です。


犬、キツネ、オオカミ、ジャッカル、マングース、イタチアナグマに寄生し、自然界ではキツネとジャッカルが保虫宿主です。


分布は比較的狭く、インド、パキスタン、スリランカ、マレーシア、朝鮮半島、日本、マリ、イラン、トルキスタン地方、エジプトなどで、本邦では、大分、宮崎、徳島、愛媛、山口、兵庫、大阪、京都、東京、宮城などです。


媒介ダニは、フタトゲチマダニ(Haemaphysaiis longicornis),H.bispinosaです。

スポンサーリンク
336×280