ブユ ~ 夏の朝夕に人畜を襲い吸血します



ブユ(black flies)、ブユは蚊と同様に長角類(亜目)(Nemato-cera)、ブユ科(Simuliidae)に属する昆虫で、体が小さく(1~5mm)、ずんぐりしていて、脚は太くて短い。


触角は単純な棒状で10~11節からなり、単眼はない。本邦からは約40種が知られています。


夏の朝夕に人畜を襲い吸血します。


幼虫は汚染の少ない細流に発生するものが多いので特に農山村に多い。


嗜好性は家畜を襲うもの、ヒトを好むもの、両方を襲うものがあります。本邦で家畜を襲うものに次のものがあります。

●キアシオオブユ(Prosimulium yezoense)


●キタオオブユ(P.jezonicum)

早春に人畜を襲う大形種で山岳地帯に分布


●ウマブユ(Simulium takahasii)

春から初夏に関東以南の平地に発生し、かなり汚染した中小河川に発生、
牛馬を好んで襲う。


●ツメトゲブユ(S.iwatense)

本州以北の山地に多量に発生する大形種、家畜を好む。


●アシマダラブユ(S.japonicum)

山地の急流に発生する大形種で人畜を襲う

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280