鶏脳脊髄炎(AE)



病名
鶏脳脊髄炎(AE)

病因
AEウイルス

主な宿主

発症日齢
60日齢以下(1~2週齢に多発)、採卵鶏

病気の伝播
速い、介卵、水平

死亡率
ひな:25%前後

症状
ひな:歩行異常、脚麻痺、失明

採卵鶏:V字型の産卵低下

肉眼病変
なし

診断
臨床・組織所見:中枢神経における囲菅性細胞浸潤、大型神経細胞の中心性虎斑融解

血清反応:NT

胚感受性試験、ELISA

予防・対策
ワクチン

鶏脳脊髄炎をもっと詳しく



鶏脳脊髄炎(AE)は、流行性振戦とも呼ばれ、ピコルナウイルスによって引き起こされる感染性神経疾患です。


本疾患は世界中で若鶏(通常1~3週の間)、キジ、ウズラ、七面鳥に発生します。


感染した鳥類は運動失調(協調運動障害)を発症し、麻痺および頭頸部の急速な震えに進行します。繁殖鶏群にワクチンを接種していない平飼いのブリーダーから購入した雛に最も多く発生します。

鶏脳脊髄炎のひよこはどのように見えますか?



鶏類脳脊髄炎の発症雛は元気消失、食欲減退、震え、歩行異常、脚麻痺などの症状を示し最終的には、歩行をほとんどまたはまったく制御できないように見え、多くの場合、横に倒れます。また、ひよこが麻痺し、衰弱した状態で地面に寝そべって観察されることもあります。


水分補給と摂食を確実にするための支持療法を行わないと、雛は飢餓で死んだり、他の群れに踏みつけられて死んだりします。


回復した雛は、18~20週齢頃に白内障を発症することが多く、青みがかった水晶体混濁および視力障害として現れます。成鶏が感染しても、産卵率やふ化率が低下することがありますが、それ以外の症状は現れない。

鶏の脳脊髄炎はどのように伝播するか?



鶏脳脊髄炎ウイルスは通常、感染した成熟繁殖雌鶏によって雛に垂直に伝播されます。その後、子孫は糞便を介してウイルスを水平に環境中に2週間まで伝播します。生後6週間を過ぎると、通常、ニワトリは免疫能力の向上と保護液性反応によって保護されます。

鶏脳脊髄炎の潜伏期間



垂直感染した雛はふ化後1日から3週間で臨床症状を示します。罹患した鳥との直接接触により感染した場合、感染の徴候が現れ始めるまでに少なくとも11日かかることがあります。

臨床兆候



●発作様活動

●首が捻れ、頚部を一側に傾斜した状態

●回転すること

●運動失調(協調運動障害)

●頭頸部の急速なふるえ

●麻痺

●子孫の失明

治療



●支持療法


群れから鳥を隔離し、安全で快適な、暖かい場所に置き、新鮮な水や食餌を与えてストレスのない生活をさせます。

予防



●生ワクチン


10~15週齢の繁殖用の雌鶏に接種し、ウイルスの卵への垂直伝播を防ぎ、子孫に母性免疫を与える。

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク
スポンサーリンク
広告336×280