高齢の産卵鶏によく発生する骨粗鬆症



鳥類の骨粗鬆症は高齢の産卵鶏に一般的に起こる代謝性骨疾患(MBD)です。


鶏が特に骨粗鬆症になりやすいのは産卵と関係があります。卵殻の形成には大量のカルシウムが必要で、産卵のたびに十分なカルシウムを摂取しないと、骨からカルシウムが失われてしまいます。


食餌中のリンまたはビタミンDの量が不十分または不均衡であるなど、他の栄養素に関連する代謝性欠乏症により、状態が悪化することがあります。


暑熱ストレスは雌鶏の血流中のイオン性カルシウムの循環量に負の影響を及ぼすため、鳥類の骨粗鬆症は夏季により頻繁に起こります。

鳥類骨粗鬆症の臨床徴候



骨粗しょう症のニワトリは、骨が非常にもろくなっていて、これらの鳥の多くは歩くのが困難なため、動きたがりません。


脚がわずかに変形して歪んで見えることがあります。また、突然麻痺を起こす鳥もいます。これらの鳥は骨折のリスクが高く、最も多いのは竜骨と脚の骨です。


●弱さ

●しゃがむ

●起立不能

●薄殻卵

●産卵しない

●麻痺

鳥類骨粗鬆症の治療



●炭酸カルシウム


1gを1週間毎日経口投与します。


●カルシトニンサーモン(カルシマール、ミアカルシン)


実際に効果をすばやく逆転させることができますが、血流からカルシウムを引き出すため、鳥には最初にカルシウムとビタミンD3を与えなければなりません。


この薬は誤って投与されると致命的になる可能性があるため、以前にその薬を使用した経験のある獣医のみが投与する必要があります。


●支持療法


罹患した鶏は骨折の影響を非常に受けやすいため、慎重に取り扱い、怪我から保護する必要があります。


●二次的な合併症の治療


骨折や変形など。

鳥類骨粗鬆症の予防



大きな粒子のカキ殻または石灰岩の顆粒を与えます。 鶏は屋外で十分に太陽光を浴び、運動させるようにします。

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク
スポンサーリンク
広告336×280