鳥類の血液寄生虫 ~ アヒル、ガチョウ、白鳥等の水鳥は非常に感染しやすい



鳥類の血液寄生虫は、原虫の血液寄生虫によって引き起こされます。この寄生虫は、ブユ(Simulium spp)、シラミバエ(Ornithomyia spp)、ヌカカ(Culicoides spp)、蚊(Culex、Aedes spp)などの様々な媒介昆虫を介してアヒルに伝播します。


これらの媒介昆虫は、鳥の眼の周りの露出した皮膚、くちばし、脚や足を吸血している可能性が最も高い。また、多くのハエはアヒルの羽の下を這って皮膚表面に到達することもできます。


アヒル、ガチョウ、白鳥、その他の水鳥は非常に感染しやすく、野生の水鳥種の75パーセント以上が吸血寄生虫に感染していると報告されています。


水鳥で最も一般的に報告されている3つの属には、ロイコチトゾーン、ヘモプロテウス、マラリア原虫があります。 アメリカ合衆国東部の野生の七面鳥も、これらの寄生虫に頻繁に感染しています。


アヒルに寄生虫感染症が存在する場合、免疫抑制による二次感染のリスクが高くなります。

症状



●体重減少

●食欲不振

●だるさ、無関心、倦怠

●呼吸困難

●衰弱

●跛行、びっこ

●急死

治療・サポート



●スルファキノキサリン

飲料水に0.005%添加

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク

水鳥専用ペレット飼料
スポンサーリンク
広告336×280