心房細動(Atrial Fibrillation) ~ 競走馬に最も多く見られる不整脈(心臓のリズムの異常)です



心房細動(AF)は、競走馬に最も多く見られる不整脈(心臓のリズムの異常)です。


正常な馬の心臓は、安定したリズミカルなパターンで拍動します。心房細動の馬の心臓では、心臓の上部にある心房や心室が細動(ふるえ、素早く収縮)して、不規則なリズムを作ります。


早拍子と長い休止を組み合わせたような、不規則なリズムが特徴です。

心房細動の原因



一部の馬種(スタンダードブレッド、ウォームブラッド、ドラフトホースなど)には心房細動の遺伝的素因があります。


また、 心臓の構造的疾患がある馬は、 心房細動が再発または持続する危険性が高い。電解質の異常が馬の心房細動の発生に関連しているのではないかと推測されています。

心房細動の診断と評価



心房細動は、通常、獣医師が聴診(馬の心臓の音を聞くこと)で認識します。診断は、心臓の電気的活動に問題がないかどうかをチェックする心電図(ECG)で確認されます。


心電図は、心臓の電気的活動を紙の上に線で示したものです。また、心臓の構造的な疾患、弁膜症、心房肥大などを確認するために、心臓超音波検査を行うこともあります。

AF管理戦略



心房細動を持つ馬の管理には、無治療、薬理学的除細動(長期抗不整脈治療)、経静脈電気的除細動(TVEC)があります。抗不整脈薬(キニジン塩類)の投与は、馬の心房細動の一般的な管理方法です。


キニジンは約80%の馬に有効ですが、軽度で良性から致死的なものまで、様々な用量依存性および特異的な毒性反応を伴います。


馬におけるキニジン治療の適応は、単独の心房細動、軽度のLA拡大を伴う心房細動、全身麻酔やTVECが選択できない併存疾患などです。


TVECでは、カテーテルに装着した電極を用いて体内の電気的除細動を行い、電気ショックを与えます。


TVECは経験豊富なオペレーターが専用機器を使用してのみ実施すべきです。TVECは、単独の心房細動、軽度のLA拡大を伴う心房細動、キニジン治療に耐えられない馬、反応しない馬、キニジンが禁忌の馬などの治療に使用できます。

心房細動の再発



馬は基礎心疾患、特に心房拡大を伴う慢性弁逆流がある場合、心房細動再発のリスクが高くなります。

症状



●運動不耐性

●運動中の心拍数増加

●嗜眠

●咳

●鼻腔内の分泌物

●息切れ

治療



※キニジン

硫酸キニジンを経鼻胃管から投与するか、グルコン酸キニジンを静脈内投与する。硫酸キニジンによる治療は、心房細動を有する馬において70~89%の成功率を示しています。

※ジゴキシン

硫酸キニジンと同時投与。

※ソタロール塩酸塩

20歳の繁殖用種馬の心房細動の管理において、安全な抗不整脈薬であることが示されました。

※経静脈的電気的除細動 (TVEC)

94~99%の成功率と報告されています。

※HRモニター

活動中の馬の心拍数をモニターするのに便利です。

※処置なし

馬によっては治療を必要としない場合もあります。

予後



●予後は、基礎となる心疾患の有無によって異なりますが、治療がうまくいっても再発することが多いです。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280