鶏のアテローム性動脈硬化症



アテローム性動脈硬化症は、鳥類、特に鶏の一般的な心血管疾患です。


動脈内のコレステロール、細胞老廃物、カルシウムなどの脂肪物質の蓄積によって引き起こされます。


プラークが蓄積すると、血流が妨げられ、体の他の部位に移動します。 ニワトリは、以下のいずれかまたは組み合わせからアテローム性動脈硬化を発症する可能性があります。



※高コレステロール食、多価不飽和脂肪酸(PUFA)が少なく飽和脂肪酸が多い食、またはリノール酸が豊富な高脂肪食の消費。



※動脈にアテローム性動脈硬化のような病変を引き起こすことが知られているマレック病ウイルスの感染。



また、平滑筋細胞に感染し、動脈にコレステロールが蓄積する可能性があります。

鶏のアテローム性動脈硬化の兆候



ニワトリは通常、動脈がひどく狭くなるか完全にブロックされる進行段階まで、病気の臨床的徴候を発症しません。


多くの場合、病気の最初の兆候は原因不明の突然死です。


臨床徴候が実際に発生する場合、それらは通常、動脈を通る血流の減少によって引き起こされる心不全に関連しています。


嗜眠、運動不耐性、呼吸困難、運動失調、および行動の変化が含まれる場合があります。

アテローム性動脈硬化症の臨床兆候



●無気力

●運動不耐性

●頻繁な失神または虚脱

●運動失調

●呼吸困難

●後肢の不全麻痺

●突然死

アテローム性動脈硬化症の治療



●食事の変更


オメガ3脂肪酸を補足した低脂肪食に切り替える


●ナイアシン


総コレステロールを下げるのに使用されます。


●HMG-CoAレダクターゼ阻害剤


ロスバスタチン(クレストール)、プラバスタチン(プラバコール)、フルバスタチン(レスコ​​ール)


●イソクスプリン


アテローム性動脈硬化が疑われるオウムの臨床症状の管理に使用された末梢血管拡張薬。

アテローム性動脈硬化症の予防



低脂肪、低コレステロールの食事に、特に長鎖EPAおよびDHA源のオメガ3脂肪酸をたっぷりと与えます。


マレック病のヒナの予防接種

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク
スポンサーリンク
広告336×280