アスコルビン酸(ビタミンC) ~ 酸化損傷から細胞を保護し免疫系機能を改善します



アスコルビン酸(ビタミンC)は水溶性抗酸化化合物であり、酸化損傷から細胞を保護し、免疫系機能を改善します。ビタミンCは、タンパク質、脂質およびカルニチン合成、血管の完全性および免疫機能の維持において役割を果たすと考えられています。


ビタミンCは、相乗効果により他の抗酸化剤と共抗酸化剤としても作用します。また、ビタミンCとビタミンEには密接な関係があります。


最近の研究では、成体家禽が正常条件下での要件を満たすためにビタミンCを合成できることを示しています。しかし、ストレスの多い状態では、免疫細胞に存在するビタミンCは急速に枯渇します。


ビタミンCを食餌に加えることは、暑い気候にさらされることによる暑熱ストレスなど、いかなる種類のストレス下にある鳥類にとっても有益です。それは免疫系を強化し、ストレスの代謝徴候を軽減するのに役立つことが示されています。


保管/安定性:空気や光から保護してください。アスコルビン酸は光にさらすと徐々に黒ずみます。わずかな変色では効力に影響しません。

投与量



●20~40mg/kgを週1回、経口または筋肉内投与。


●暑熱ストレス下で産卵鶏を飼育する場合は、1日200~500mg/kgを飼料に添加する必要がある。

副作用



●非常に大量に服用すると、下痢や尿路結石症を起こす可能性があります。

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク

水鳥専用ペレット飼料
スポンサーリンク
広告336×280