シバナ(塩場菜) ~ 有毒なシアン配糖体が含まれています



シバナ(シバナ科・シバナ属)(トリグロキニン・マリティーナ:Triglochin maritima)は、主に海岸地域、塩湿地、沼地、湖岸、湿地帯にみられる多年草で、緑色の葉には、トリグロキニン(triglochin)とタキシフィリン(taxiphillin)という2種類の有毒なシアン配糖体が含まれています。


成長の早い若い植物は一般にシアン化物の濃度が高い。また、渇水期には毒性が強くなります。毒素は消費されると速やかに血流に入り、動物の全身に運ばれます。


シアン化物は細胞による酸素の利用を阻害し、鳥を窒息させます。


シアン化物中毒の徴候は15~20分以内に現れます。青酸配糖体の含有量が50mg/100gであれば、たとえ体重の0.5%しか摂取しなくても致死的であると考えられます。


早期に治療を開始すれば、成功することもあります。死後の所見では、鮮紅色の血液と胃の中のビターアーモンドの臭いが確認されます。

症状

痙攣
窒息死
神経過敏
横臥
震え
嘔吐
呼吸促迫
青紫色の鶏冠
死亡

キジと水鳥 仲田幸男
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280