アリゾナ症 ~ 敗血症、神経学的徴候、失明が特徴



アリゾナ症は、細菌Salmonella enterica subsp.(サルモネラ属のチフス菌)によって引き起こされる世界的に見られる敗血症性疾患です。


若い七面鳥の病気でしたが、他の家禽や野鳥(鶏を含む)、多種多様な動物種にも感染します。


アリゾナ症は急性型と慢性型があり、敗血症、神経学的徴候、失明を特徴とします。S.arizonaeはエンドトキシンを産生する能力を有し、幼雛の卵黄嚢、脳、眼、盲腸および血流において最も顕著に複数の器官に炎症を生じます。

伝播



S.arizonaeは卵を介して感染する病気で、感染した成鳥は通常、自身の卵を介して細菌を伝播する保菌者です。齧歯類、野鳥、および爬虫類もまた、S.arizonaeを環境中に伝播しえます。

臨床兆候



●無感情 けだるさ

●失明

●意気消沈 憂うつ

●衰弱

●食欲不振

●下痢

●下肢麻痺

●頚部捻転下

●身を寄せ合う

●斜頸

●痙攣

●強直性発作

治療



●支持療法


群れから鳥を隔離し、安全で快適な、暖かい場所に置き、新鮮な水と食べ物を与えてストレスのない生活をさせます。


●抗生物質


●プロバイオティクス


ニワトリに良い影響を与える微生物(善玉菌)、または、それらを含む製品、食品

キジと水鳥 仲田幸男
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280