大動脈腸管膜動脈血栓症(Aorto-iliac Thrombosis) ~ 馬の後肢の血管が閉塞する進行性の血管疾患



大動脈腸管膜動脈血栓症(AIT)は、馬の後肢の血管が閉塞する進行性の血管疾患です。この病気は、馬が汗をかいているときも冷えたままである運動後の後肢の跛行を特徴とします。


馬は、運動中または運動後に、足を振ったり、疝痛のような症状を示したりして、激しい不快感を示すことがあります。


これらの症状は1時間以内に治まることが多いです。痛みを我慢して運動している馬は、より重度の跛行を呈し、臨床症状が治まるまでにかなりの時間を要することがあります。


早期の治療が不可欠です。血栓が大きくなると、激しい運動をしなくても運動能力の低下が徐々に起こります。

症状



●運動能力低下の増大

●運動中または運動後の後肢の跛行

●筋力低下

●デジタルパルスが弱い、またはない

●変容行動

●他の部位での発汗にもかかわらず四肢冷感

●疝痛のような症状

治療



※抗凝固薬

※外科的血栓除去術 – 手術を受けた17頭の馬を対象とした研究では、65%の馬が運動能力を回復し、手術を受けた馬の53%が以前のレベルの運動能力を発揮しました。

※アスピリンの連日投与

予防



※定期的な獣医師の診察

※寄生虫を駆除するための定期的な駆虫作業

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280