炭疽(Anthrax) ~ 炭疽菌による伝染性が高く、急速に致死的な人獣共通感染症



炭疽は、芽胞形成細菌である炭疽菌によって引き起こされ、伝染性が高く、急速に致死的な人獣共通感染症です。


炭疽菌はOIEに登録されている病気で、世界中で見られ、南極大陸を除くすべての大陸で発生しています。これは通常、反芻動物と人間の病気です。


炭疽菌は、感染した宿主によって地面に排出され、空気にさらされると芽胞を形成します。これらの芽胞は土壌中で何十年も生きることができ、茶色で粉状に見えます(シナモンやコカに似ています)。


炭疽菌は、砂漠の砂、温泉、北極の土壌などの多くの極端な環境を含む、広範囲の環境に生息することを可能にする一連の生理学的能力を示します。


予防接種のおかげで、世界のどの地域でも家畜炭疽の発生は世界的に減少しています。また、アウトブレイクは、大雨、洪水、干ばつに関連しています。


芽胞の感染経路によって臨床症状は異なり、芽胞の吸入が最も重篤な感染です。感染した動物は通常1~3日以内に死亡しますが、中には1週間まで生存する動物もいます。


伝播:一般的に牛への感染は、放牧中、ブラウジング中(あっちの草を少々、こっちの草を少々と、急がずゆるゆると食べること)、飲用中に芽胞を摂取することで起こります。


その他、芽胞を含む粉塵の吸引、動物と動物の直接接触、ハエの咬傷などがあります。


潜伏期間:潜伏期間は一般的に1~7日です。

症状



●体温の上昇

●眼結膜の充血

●呼吸・脈拍の増数

●呼吸困難

●腎障害

●急死(死亡した動物は皮下浮腫によって体全体が膨らんで鼻孔や肛門からの出血がみられる)

治療



※抗生物質

予防



※死亡動物の適正処理

※昆虫と齧歯類を制御するための適切な洗浄と消毒

※流行地域におけるワクチン接種

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280