無汗症(Anhidrosis) ~ 馬が適切に汗をかくことができない状態で、高体温症や熱中症になる危険性もあります



無汗症は、馬が適切に汗をかくことができない状態です。


汗をかくことができない馬は、通常の馬よりも早くオーバーヒートしてしまいます。運動中の体温調節ができないと、オーバーヒートを起こしやすくなり、馬のパフォーマンスに大きな影響を与えます。


また、高体温症や熱中症になる危険性もあります。


この病気は通常、高温多湿の地域に住む馬に起こります。


暑さの中で激しい運動をした後でも、乾燥した被毛を維持しているため、この病気は簡単に見つけることができます。


熱帯地方に生息する馬の中には、下垂体中間機能障害(PPID)を持つ馬がいますが、無汗症や熱ストレス、二次的な運動不耐性を引き起こします。


PPIDの治療を行えば、一般的に症状は改善します。


無汗症の発症は、急に起こる場合と徐々に起こる場合があります。馬は不完全または部分的な無汗症になることが多いですが、慢性的なケースもあります。


熱ストレスの兆候が出るまで馬を酷使すると、最終的に無汗症になる可能性が高くなります。

最新の研究



フロリダで行われた最新の研究調査では、無汗症の病歴を持つ種牡馬と種牝馬から生まれた馬は、無汗症を発症する可能性が高いことがわかりました。


また、無汗症の馬を早期に治療することができれば、汗腺の永久的な構造的損傷の可能性が低くなることもわかっています。

症状



●汗の量が減った、または出なくなった。

●運動中や運動後に呼吸が荒くなる。

●食欲減退

●薄く、斑点のある被毛

●顔の抜け毛

●水分摂取量の減少

●嗜眠および消耗

診断



●病歴

●臨床兆候

●身体診察

●テルブタリンの希釈液の注射

●血液検査

●皮膚生検

治療



※運動量を少なくする。

※環境/管理の変更

日中の涼しい時間帯に調教や乗馬を行う、日陰や水を常に確保する、馬房に冷却ファンを設置する、日中ではなく夜間や涼しい時間帯に馬を外に出す。

※鍼灸治療

※漢方薬

※ビタミン、ミネラル、アミノ酸

※ビール

1日1缶のビールを与えると、酵母エキスとビタミンB群が汗腺の働きを助けます。

※クレンブテロール

獣医師による投与。

※涼しい場所に馬を移す。

予防



※高温条件下では調教、運動をさせない。

※馬が新しい気候に順応するのに十分な時間を与える。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280