ぺっとくすり

鶏の一般的な死因であるアミロイドーシス



鳥類のアミロイドーシスは、成鳥、特に鶏の一般的な死因である、よく知られた病理学的障害です。


異常なタンパク質(アミロイド)が鳥の組織や臓器内に蓄積し、臓器不全を引き起こす致命的な進行状態です。


ヒトに発生するアミロイドーシスにはいくつかのタイプがありますが、ニワトリは炎症関連型の影響を最も頻繁に受けます。


AAアミロイドーシスまたは全身性アミロイドーシスとしても知られています。


鳥類アミロイドーシスは、いくつかの疾患、特に慢性感染症の二次的な結果としてしばしば発生します。


趾瘤症、痛風、鳥類結核、または腫瘍などの既存の慢性炎症があるニワトリは、より危険にさらされています。


これは、炎症が長引くと、アミロイドプロテインA(AA)の前駆体タンパク質である肝急性期反応物血清アミロイドA(SAA)の血清レベルが著しく上昇するためです。

アミロイドーシスの診断



アミロイドーシスの臨床徴候は非特異的であるため、診断には明確な診断を得るために生検または剖検後の組織病理学が必要です。

アミロイドーシス臨床兆候



●羽毛の色つやが悪い

●換羽しない

●起立不能

●弛緩性麻痺

●神経学的兆候

アミロイドーシス治療



●支持療法


基礎疾患の治療とストレスの軽減


●オメガ3脂肪酸を多く含む魚油サプリメント


マウスで行われた研究では、慢性炎症状態で炎症を軽減するのに役立つ可能性があることを示しています。


●ビタミンC


抗酸化特性に役立ちます。

アミロイドーシス予防



趾瘤症(バンブルフット)、痛風、関節炎、アスペルギルス症などの慢性炎症状態の予防


鶏に多種類のワクチンを投与しないでください。

キジと水鳥 仲田幸男
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280