アンプロリウム(Amprolium) ~ ニワトリとシチメンチョウのコクシジウム症の治療と予防に使用される一般的な抗コクシジウム薬



アンプロリウムは、家禽・ニワトリとシチメンチョウのコクシジウム症の治療と予防に使用される一般的な抗コクシジウム薬です。


米国では、FDAが認可した数少ない産卵鶏用医薬品の一つで、休薬期間はありません。アンプロリウムは、ニワトリの体内で球菌が増殖・繁殖するのに必要なチアミン(ビタミンB1)を模倣することで作用します。


球菌がアンプロリウムを摂取すると、チアミン欠乏症になり、栄養失調で餓死します。そのため、アンプロリウムを併用している鶏にはビタミンB1を与えないことが重要です。


重要:アンプロリウムは誤差の範囲が非常に狭く、過剰摂取は出血性素因や死亡につながる可能性があります。また、Bビタミンと同時にニワトリに投与してはいけません。


コクシジウム症予防薬が含まれている配合飼料を摂取しているひなには、コクシジウム症治療薬を追加投与してはいけません。チアミン欠乏症を引き起こす可能性があります。


保存:飲料水を毎日新鮮にします。24時間以内に消費されなかった薬用水は廃棄して下さい。原液タンク(プロポーショナー)の原液は、清潔で密閉されたラベル付き容器に最長3日間保存できます。5°~25℃ (41°~77℉) から40℃までの間で保存し、その有効期間は製造の日から5年です。

薬物形態



粉末または液体、飲料水または飼料に混ぜて経口投与。

投与量



●鶏の場合


飲料水QD1.25cc/Lまたは飼料QD40~250mg/kg


●アヒルの場合


飲料水に9.6%溶液0.5~1.0mL/Lを5日間添加。

副作用



●チアミン欠乏症

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク

水鳥専用ペレット飼料
スポンサーリンク
広告336×280