アンピシリン三水和物(Ampicillin trihydrate) ~ サルモネラ菌による関節炎の治療にも役立ちます



アンピシリン三水和物はアミノペニシリンで、ペニシリンと同様の抗生物質の一種です。また、サルモネラ菌による関節炎の治療にも役立ちます。


他のアミノペニシリンと同様に、アンピシリンは、大腸菌、クレブシエラ、およびヘモフィルスの一部の菌株を含む、天然のペニシリンまたはペニシリナーゼ耐性ペニシリンのいずれによってもカバーされないグラム陰性好気性菌の多くの菌株に対する活性を高めました。


天然のペニシリンと同様に、β-ラクタマーゼ産生菌(黄色ブドウ球菌:Staph aureus)による不活性化の影響を受けます。


保存/安定性:アンピシリン三水和物カプセルと経口懸濁液用の粉末は、室温(15~30℃)で保存する必要があります。再構成後、経口懸濁液は冷蔵(2~8℃)の場合14日間安定であり、室温で保存した場合7日間安定です。


注射用アンピシリン三水和物(Polyflex®)は、冷蔵(2~8℃)の場合12か月間安定であり、室温で保管した場合3か月間安定です。

薬物形態



※注射用懸濁液(100mg / ml)

投与量



●飲料水1000~2000mg/L


●100mg/kg経口、筋注、4~12時間ごと

薬物相互作用



●アミカシン
アンピシリンと組み合わせると、アミカシンの血清濃度を下げることができます。


●アプラマイシン
アンピシリンと組み合わせると、アプラマイシンの血清濃度を下げることができます。


●クロルテトラサイクリン
アンピシリンの治療効果は、クロルテトラサイクリンと組み合わせて使用すると低下する可能性があります。


●クロロキン
アンピシリンは、クロロキンと組み合わせると血清濃度を下げることができます。


●ゲンタマイシン
ゲンタマイシンは、アンピシリンと組み合わせると血清濃度を下げることができます。


●ドキシサイクリン
ドキシサイクリンと併用すると、アンピシリンの治療効果が低下する可能性があります。


●ネオマイシン
アンピシリンと組み合わせると、ネオマイシンの血清濃度を下げることができます。


●スペクチノマイシン
アンピシリンと組み合わせると、スペクチノマイシンの血清濃度を下げることができます。

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク

水鳥専用ペレット飼料
スポンサーリンク
広告336×280