アモキシシリン(Amoxicillin) ~ 咬傷やひっかき傷によるパスツレラ症(家禽コレラ)の予防に役立つ



アモキシシリンはペニシリン系の広域抗生物質です。通常、特定のグラム陽性菌による一部の感染症に対する治療効果を高めるために、クラブラン酸やタイロシンなどの他の抗生物質と併用されます。


アモキシシリンは、捕食動物に襲われた鳥に最もよく投与され、咬傷やひっかき傷によるパスツレラ症(家禽コレラ)の予防に役立つ。


卵の休薬期間


卵を食べる場合は、1日以降の卵

保存/安定性



アモキシシリンカプセル、錠剤、および経口懸濁液用の粉末は、密閉容器に入れて室温(15~30℃)で保存する必要があります。


溶解後、経口懸濁液は冷蔵し(冷蔵は絶対に必要というわけではありません)、未使用の製品は14日後に廃棄する必要があります。


再構成後、注射可能な動物用懸濁液は、室温で3か月間および冷蔵で12か月間安定です。

薬物形態



経口投与用の懸濁液(50mg/ml、アモキシドロップ)、筋肉内投与用の注射液(250mg/ml、アモキシ注射液)、および50、100、200、400mg/錠です。

投与量



16~20mg/kg経口、4~12時間ごと・0.17g/L飲料水QD

副作用



●血液中のカリウム濃度を低下させる (低カリウム血症)

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク

水鳥専用ペレット飼料
スポンサーリンク
広告336×280