アミカシン(Amikacin) ~ 鳥類では最後の手段としてのみ用いられます



アミカシンは半合成アミノグリコシド系抗生物質です。


アミノグリコシド系薬剤は、鳥類における耐性グラム陰性菌感染症の治療に優れた薬剤で、特に第3世代セファロスポリン (セフォタキシム) または後期世代ペニシリン (ピペラシリン) と併用すると、シュードモナス属に対して活性を示します。


アミカシンは重篤なグラム陰性菌感染症の治療に臨床的に用いられます。ゲンタマイシン耐性菌が臨床的に問題となる状況でしばしば用いられる。


非常に強力であり、通常は腎毒性および耳毒性(脳神経毒性)を有するため、鳥類では最後の手段としてのみ用いられます。アミノグリコシド類の抗菌活性はアルカリ性環境で増強されます。


※アミカシンは膿瘍や滲出液のある鳥類には有用ではない。


吸収:アミカシンは筋肉内 (IM) および皮下 (SC) 投与経路から迅速かつ良好に吸収される。成鳥への経口投与では吸収されにくい。


注意:腎臓障害のリスクが高いので、この薬を服用している間は必ず鳥が脱水状態にならないようにしてください。アミノグリコシド系薬剤は神経筋遮断作用を有するため、神経筋疾患のある鳥には慎重に使用すべきです。


アミノグリコシド系薬剤の耳毒性は、聴覚症状および、または前庭症状のいずれかによって発現し、不可逆的な場合があります。


アミノグリコシド系薬剤は、神経筋遮断、顔面浮腫、注射部位の疼痛/炎症、末梢神経障害、および過敏反応も引き起こしえます。まれに、消化管症状、血液および肝臓への影響が報告されています。

保存/安定性



アミカシンは室温で少なくとも2年間安定しています。


※硫酸アミカシン1.3gはアミカシン1gに相当します。

投与量



10~20mg/kg、筋注、8~12時間毎

副作用



●脱水

●腎障害

●耳毒性

薬物相互作用



●アセチルサリチル酸
アセチルサリチル酸はアミカシンの排泄速度を低下させ、血清中濃度を上昇させるおそれがあります。


●アモキシシリン
アモキシシリンと併用することにより、本剤の血清中濃度を低下させることがあります。


●アムホテリシンB
アムホテリシンBは、アミカシンの腎毒性作用を増強する可能性があります。


●アンピシリン
アンピシリンと併用することにより、本剤の血清中濃度を低下させることができます。


●カルプロフェン
アミカシンの排泄速度が低下し、血清中濃度が上昇するおそれがあります。


●セレコキシブ
セレコキシブはアミカシンの排泄速度を低下させることがあり、血清中濃度を上昇させる可能性があります。


●クロロキン
アミカシンの排泄速度を低下させ、血清中濃度を上昇させるおそれがあります。


●クロキサシリン
本剤と併用することにより、本剤の血清中濃度を低下させることがあります。


●クルクミン
クルクミンはアミカシンの排泄速度を低下させる可能性があり、その結果血清レベルが高くなる可能性があります。


●月見草オイル
月見草オイルを夜に飲むと、アミカシンの排泄速度が遅くなり、血清中濃度が高くなることがあります。


●フロセミド
副作用のリスクまたは重症度は、フロセミドとアミカシンを併用すると増大しうる。


●フルニキシン
フルニキシンはアミカシンの排泄速度を低下させ、血清中濃度を上昇させることがあります。


●メロキシカム
メロキシカムはアミカシンの排泄率を低下させ、血清レベルを上昇させる可能性があります。


●フェニルブタゾン
アミカシンの排泄速度を低下させ、血清中濃度を上昇させるおそれがあります。

スポンサーリンク
広告336×280