アルベンダゾール(Albendazole) ~ ニワトリに感染するほとんどの回虫を殺すのに有効な駆虫薬の1つ



アルベンダゾールはベンズイミダゾール系駆虫薬です。ニワトリでは適応外使用されます。アルベンダゾールは、ニワトリに感染するほとんどの回虫を殺すのに有効な駆虫薬の1つです。回虫、毛細管虫、盲腸虫、条虫などに効果があります。


アルベンダゾールは各ニワトリに経口投与されます。1⁄4mL (矮鶏クラス)または1⁄2mL (普通サイズの品種ごとに)。2週間後に繰り返す。

薬物の保管/安定性



アルベンダゾール懸濁液は室温(15~30℃)で保管する必要があります。凍結を避けてください。また、よく振ってからご使用ください。

投与量



0.5~0.25mL、鳥経口または50~100mg/kg経口

薬物相互作用



●クロロキン


アルベンダゾールは、クロロキンと組み合わせると血清濃度を下げることができます。


●クロトリマゾール


アルベンダゾールの代謝は、クロトリマゾールと組み合わせると減少する可能性があります。


●ドキシサイクリン


ドキシサイクリンと組み合わせると、アルベンダゾールの代謝を低下させることができます。


●フルコナゾール


フルコナゾールと併用すると、アルベンダゾールの代謝が低下することがあります。


●イトラコナゾール


アルベンダゾールの代謝は、イトラコナゾールと併用すると低下します。


●ケトコナゾール


アルベンダゾールはケトコナゾールと併用すると代謝が低下します。


●フェノバルビタール


アルベンダゾールとフェノバルビタールを併用すると、アルベンダゾールの活性代謝物の血清中濃度が低下し、薬効が失われることがある。


●セントジョンズワート


セントジョンズワートと併用すると、アルベンダゾールの血清中濃度を低下させることができます。

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク

水鳥専用ペレット飼料
スポンサーリンク
広告336×280