アカバネ病(Akabane disease) ~ ヌカカ、ネッタイシマカおよびアカイエカの一部の種によって感染します



アカバネ病は、ブニヤウイルス科アカバネウイルス(Akabane virusu)感染によるウシ、ヒツジ、ヤギなどにおける感染症で、感染したヌカカ、ネッタイシマカおよびアカイエカの一部の種によって感染します。


アカバネ病は、アジア、アフリカ、中東、オーストラリアで子山羊、子羊、子牛に先天性の関節拘縮症(かんせつこうしゅくしょう)や水無脳症(すいむのうしょう)を引き起こします。

症状



●流産

●死産

●先天性欠損

●新生児における関節拘縮

●重度の筋萎縮

●斜頸

●協調運動障害による歩行

●失明、盲目

治療



※支持療法

予防



※予防接種(ワクチン)

スポンサーリンク
336×280