アジサシ

アジサシ
アジサシ

●アジサシ

アジサシは小型ですが、カモメの親類で、一層飛翔性生活をするので翼はさらに長く脚が小さいです。尾は通常ツバメ型であり、ドイツ語ではゼーシュヴァルべ(海の燕)と言います。


嘴は光り空中から落下突入して魚を捕らえます。日本ではアジサシは通過鳥、コアジサシは夏鳥として渡来します。カモメは元来南北半球の寒冷地ないし温帯に分布しますが、アジサシ類は二、三種を除き温熱帯産です。


コアジサシは河原や小石のある砂地に産卵し、卵や雛は保護色です。

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク
広告336×280