気嚢炎 ~ 通常は細菌や真菌の感染症が原因



気嚢炎はニワトリの呼吸器関連疾患であり、1つ以上の気嚢の炎症として定義されます。また、空気嚢はニワトリの呼吸器系に不可欠な部分です。


ニワトリには9つの気嚢があり、それらは薄い壁で囲まれた気泡のようなポケットで、体中に酸素を循環させるシステムとして働きます。対になった気嚢が4つ(頸部、頭蓋、尾胸部、腹部)、対になっていない気嚢が1つ (鎖骨) あります。鶏の気嚢は薄い壁で囲まれており、ガス交換には関与しません。


鶏の気嚢が炎症を起こすと、肥厚して膿性または気嚢内に乾いた物質が気嚢腔に蓄積します。通常は細菌や真菌の感染症が原因で、まれにウイルスが原因で起こることもあります。


気嚢炎のニワトリから分離された最も一般的な病原体のいくつかは、大腸菌とマイコプラズマ・ガリセプチカムを含みます。気嚢炎を引き起こす可能性のある具体的な病気には、以下のものがあります。


●鳥クラミジア症


鳥クラミジア症 (AC) は、クラミジア属由来のグラム陰性菌によって引き起こされるニワトリの人畜共通呼吸器疾患です。本属はクラミジア科の11種からなります。


ニワトリは主にオウム病クラミジア(C.psittaci)、クラミジア・ガリナセア(C.gallinacea)およびクラミジア・スイス(C.suis)の影響を受けます。ニワトリで観察される臨床徴候は、クラミジア株の毒性および鳥の免疫状態に依存して変化し、ニワトリで最も頻繁に報告されている徴候は、鼻および眼の分泌物、呼吸困難、下痢、体重減少、産卵低下、高体温、嗜眠および濁音です。

鳥類クラミジア症(オウム熱、オウム病)
  鳥類クラミジア症(AC)は、細菌クラミジアオウムによって引き起こされる人獣共通感染症です(人間も…



●ニューカッスル病(ND)


ニューカッスル病は、世界中の家禽および野鳥の感染性の高いウイルス感染症です。野鳥がウイルスを保有することがあるため、家禽が飼育されている地域ではどこでも発生する可能性があります。


NDは、鳥パラミクソウイルス-1 (APMV-1) としても知られるニューカッスル病ウイルス (NDV) によって引き起こされます。NDの重症度は大きく異なり、ウイルス株、ニワトリの年齢(若いひなはより感受性が高い)、他の微生物との同時感染、ストレスおよび免疫状態などの因子に依存します。神経系を攻撃するウイルス株もあれば、呼吸器系や消化器系を攻撃するウイルス株もあります。

ニューカッスル病(ND)(法定伝染病)
    病名 ニューカッスル病(ND)(法定伝染病) 病因 NDウイルス 主な宿主 鶏、キ…



●慢性呼吸器疾患(CRD)


マイコプラズマ・ガリセプチカム(MG)感染としても知られている慢性呼吸器疾患(CRD)は、家禽の呼吸器疾患を引き起こす主要な病原体の1つと考えられています。鶏群で緩徐に発生する傾向があり、進行性および慢性の呼吸徴候を伴います。慢性呼吸器疾患の鶏は、軽度の気管炎、副鼻腔炎、気嚢炎、結膜炎など、呼吸器系に関連する臨床症状を示すことがよくあります。

マイコプラズマ症(届け出伝染病)
    病名 マイコプラズマ症(届け出伝染病) 病因 Mycoplasma gallise…



●アスペルギルス症


アスペルギルス症は、約600種からなるアスペルギルス(Aspergillus属)の感染によって引き起こされるニワトリの一般的な真菌症で、アスペルギルス・フミガーツス(A.fumigatus)は感染ニワトリから分離される最も一般的な種です。


アスペルギルス症はニワトリでは2つの異なる型として現れ、急性アスペルギルス症は、孵化したばかりの雛における重篤なアウトブレイクを特徴とし、高い罹患率と高い死亡率を伴います。慢性アスペルギルス症は、換気が不十分な、ほこりっぽい、またはかびの多い環境で飼育されている成鳥に通常生じる疾患です。

真菌症(アスペルギルス症、ムコール症)
    病名 真菌症(アスペルギルス症、ムコール症) 病因 Aspergillus fum…



●オルニソバクテリウム症


オルニソバクテリウム症(Ornithobacteriosis)は、 オルニソバクテリウム・ライノトラケアレ(Ornithobacterium rhinotracheale)細菌によって引き起こされるニワトリの新しく出現した、急性で非常に伝染性の疾患で、世界中で鶏や七面鳥に呼吸器疾患を引き起こします。


オルニソバクテリウム・ライノトラケアレは棒状のグラム陰性細菌であり、いくつかの血清型を有します。この疾患は罹患集団における肺炎または気嚢炎として現れます。

オルニソバクテリウム症 ~ 主に呼吸器疾患と関連
    オルニソバクテリウム症(ORT)はオルニソバクテリウム・ライノトラケアレによって引…


臨床兆候



●抑うつ

●咳

●呼吸困難

●開口呼吸

●テールボビング(呼吸をするとき尾羽も一緒に振っている場合)

●運動耐容能低下

治療



●支持療法


病気の鶏を隔離し、小さなケージなどで、毛布を上にして、ストレスのない暖かい場所に置きます。 高品質の飼料と新鮮な飲料水を与えて管理します。


●ビタミンE


40mg/kg経口投与


●噴霧療法


1日2~4回、10~30分、5~7日間。噴霧液として生理食塩水を用いる。

予防



●鶏舎内の適切な換気

●ストレスを最小限に抑える

●寒冷時の鳥の冷え防止

●粉塵を避ける

●ほこりっぽい床材を鳥の敷料として使用しないでください。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280