ニワトリの呼吸器系は空気中の毒素に特に敏感



ニワトリの呼吸器系は空気中の毒素に特に敏感です。これは鳥類の呼吸器系の特異性に関係しており、実際には鳥類は哺乳類よりも効果的に呼吸することができます。


交差流の流れと血液によって、ニワトリの血液中の酸素レベルは息を吐き出すときの酸素レベルよりも高くなります。


その結果、空気中からより多くの毒素を吸収するリスクが高まり、哺乳類よりも早く毒性レベルに達することになります。また臨床徴候は最初の暴露から数時間遅れることがあります。

臨床兆候



●呼吸努力の増加

●開口呼吸

●運動耐容能低下

●チアノーゼ

●くしゃみ

●咳

●運動失調

●衰弱

●テールボビング

●元気消失

●鼻汁

●艶のない羽根

●体重減少

●急死

治療



●支持療法


鳥を群れから隔離し、新鮮な水や食餌を与え、ストレスのない安全で快適で暖かい場所で管理します。

予防



●ファブリーズなどのスプレー芳香剤を鳥の近くで使用しない。

●香りのするキャンドルに鳥をさらさないでください

●鳥をプラスチックの煙にさらさないでください。

●鳥にペパーミントやスペアミントなどの調味料を与えないでください。

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク
スポンサーリンク
広告336×280