空気塞栓症(Air Embolism) ~ 気泡が静脈や動脈に入り込んで塞いでしまうこと



空気塞栓症は、ガス塞栓(症)とも呼ばれ、気泡が静脈や動脈に入り込んで塞いでしまうことをいいます。これらの気泡は、脳、心臓、肺に移動し、痙攣、失明、運動失調、突然死などの原因となります。


空気塞栓症は、注射器や点滴(静注)、カテーテルなどを通して、誤って馬の静脈に空気を注入してしまうことで起こります。


そのため、獣医師から正しい手順を教わる前に、馬に筋肉内注射をしないことが非常に重要であり、馬に致命的な結果をもたらす可能性があります。

症状



●突然死

●落ち着きがない

●運動失調

●発作

●失明

●かゆみ

治療



※対症療法

※非ステロイド性抗炎症薬

※コルチコステロイド

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280