アヒルの病気一覧

我が家の鶏やカモさんの必須品

我が家の消毒液はずっと前からこれです。ニワトリやカモの切り傷や擦り傷の応急処置に使用しています。 この消毒液はオキシドールと違って刺激がな...

記事を読む

足の爪の怪我 ~ 出血を伴う爪の亀裂や損傷を引き起こします

アヒルは足の爪を損傷することがあり、出血を伴う爪の亀裂や損傷を引き起こします。アヒルで起こりうる爪の損傷には、大きく分けて3つのタイプがあります。 ...

記事を読む

陰茎脱 ~ 二次的な細菌汚染や損傷などの合併症を避けるために注意が必要

雄のアヒルでは、生殖器 (陰茎) を体内に戻すことができないため、陰茎が脱出することがあります。二次的な細菌汚染や不可逆的な損傷などの合併症を避けるため...

記事を読む

ヘルニア ~ 臓器などが本来あるべき位置から外に出てしまった状態

ヘルニアは、臓器などが本来あるべき位置から外に出てしまった状態を指します。腹壁ヘルニアは、内臓などの組織片が、鳥の腹腔を囲む筋肉の壁の1つが弱くなって突...

記事を読む

暑熱ストレス ~ 葦簀やファンを設置して対策しましょう

暑熱時には家禽は過熱しやすくなります。鳥は高い体温 (41℃/106℉) をもち、汗腺がないので、呼吸に反応して体から熱を放出します。また、急性熱曝露が...

記事を読む

アヒルの頭部外傷 ~ アヒルを群れから隔離し涼しい暗い環境で管理します

頭部外傷はアヒルにおいてかなり一般的であり、軽度から生命を脅かすまで、複数の症状および重症度で発生します。頭部外傷は、出血、組織の喪失、および多くの場合...

記事を読む

異物摂取 ~ 体に害を及ぼす可能性のある小さな異物を飲み込んでしまうことがある

アヒルは好奇心が強く、放し飼いしている場合などに体に害を及ぼす可能性のある小さな異物を飲み込んでしまうなどの可能性があります。 摂取された物体...

記事を読む

足の骨折 ~ びっこ、歩行困難、腫れや変色が特徴

罹患したアヒルは通常、非常に足が不自由で、歩くのを嫌がり、または単純に歩けません。また、皮膚の周囲が腫れて変色します。 骨折の種類 ...

記事を読む

スズラン中毒 ~ スズランは水鳥に強い毒性があります

スズラン(Convallaria majalis)は水鳥に強い毒性があります。スズランの花、葉、茎はサポニンと強心配糖体、具体的には、コンバラトキシン、...

記事を読む

ドングリ中毒症 ~ 診断と治療が遅れると致命的となる可能性のある深刻な腎臓と肝臓の損傷につながる

ドングリ中毒症は多くの動物種で発生し、オークの小枝、芽、葉およびドングリに含まれる加水分解性タンニンの摂取によって引き起こされます。 オーク(...

記事を読む

光線過敏症 ~ パセリはアヒルに与えないでください

光線過敏症は紫外線 (UV) 照射により誘発される炎症性皮膚状態です。特定の感光性を引き起こす植物または薬物の摂取または直接接触によって引き起こされます...

記事を読む

竜骨の外傷 ~ 竜骨のあざ、膿瘍、脱臼、または骨折を引き起こします

アヒルの竜骨の損傷では、竜骨(別名、竜骨突起として知られる)に痛みと不快感が生じます。損傷は、竜骨のあざ、膿瘍、脱臼、または骨折を引き起こすことがありま...

記事を読む

アヒルの凍傷

アヒルを含む鳥類は、哺乳類と同様に凍傷にかかりやすい。凍傷は、組織の冷却および解凍によって生じる限局性の組織損傷であり、通常は下肢や足などの羽毛のない部...

記事を読む

卵胞性嚢胞 ~ アヒルの皮膚上または皮膚直下に硬い結節またはしこりとして最も多くみられる

毛包嚢胞は、液体、半固形物、ガス状物質で満たされた毛包を含んで形成される嚢胞の一種です。いずれの組織にも発生しますが、アヒルの皮膚上または皮膚直下に硬い...

記事を読む

接触皮膚炎 ~ アヒル・カモ専用に配合された飼料を与えましょう

アヒルは羽毛での保温・保護に依存しているため、接触皮膚炎(接触性皮膚炎とも呼ばれます)はアヒルにとって非常に重篤になる可能性があります。 鳥の...

記事を読む

チアミン欠乏症 ~ アヒルの食餌に十分なチアミン(ビタミンB1)が含まれていることを確認しましょう

チアミン欠乏症は、アヒルの食餌に十分なチアミン(ビタミンB1)が含まれていない場合に起こります。これは、食餌に含まれるビタミンB1の量が不足している場合...

記事を読む

呼吸器感染 ~ 各呼吸器系には感染に関連した特定の臨床徴候があります

アヒルの呼吸器感染症は様々な理由で起こり、原因は細菌性、栄養性、毒性、真菌性、ウイルス性、外傷性、または寄生虫性です。 呼吸器疾患は、上部また...

記事を読む

空気中の毒性物質への暴露

アヒルの呼吸器系は、空中浮遊毒素への暴露に特に敏感です。これは、鳥の呼吸器系が他の種の呼吸器系と比べると非常に独特であるためで、また、鳥がより高い高度で...

記事を読む

ダニの寄生 ~ 睡眠を阻害したり、自傷したり感染症のリスクもあります

ダニの寄生は、捨てられたアヒルや野生の水鳥によくみられます。ダニは外部寄生生物の一種で、鳥の羽の中に生息しています。 ダニの大量寄生は、若い鳥...

記事を読む

シラミ ~ 重度の寄生ではアヒル自身にダメージを与えます

アヒルにはハジラミがいます。シラミは小さな寄生性の昆虫で、アヒルの羽の中に侵入して寄生します。宿主を見つけると、シラミは通常、アヒルで一生を終え、軽いシ...

記事を読む

ロイコチトゾーン病 ~ 幼若アヒルは感染しやすく成体アヒルよりも重篤な臨床徴候を示す

ロイコチトゾーン病は、ロイコチトゾーン属の血液寄生虫に感染することで引き起こされる、アヒルの媒介性寄生虫疾患です。アヒルとガチョウは主にロイコチトゾーン...

記事を読む

ヒルの感染 ~ 感染したアヒルは結膜炎と角膜炎の徴候も示し失明に至る可能性がある

ヒルの感染が報告されています。それは緊急事態と考えられるべきであり、鳥にとって急速に致命的となる可能性があります。ヒルは肉眼で見ることができますが、すで...

記事を読む

開嘴虫 ~ 若いアヒルや小型のアヒルの品種は存在する鶏開嘴虫の数が少なくても窒息死する可能性がある

●開嘴虫に感染した鶏の症状 コールダックのような小型の品種は、気管開嘴虫の影響を受けやすいので注意しましょう。 開嘴虫感染症は、一般的な線虫...

記事を読む

鳥類の血液寄生虫 ~ アヒル、ガチョウ、白鳥等の水鳥は非常に感染しやすい

鳥類の血液寄生虫は、原虫の血液寄生虫によって引き起こされます。この寄生虫は、ブユ(Simulium spp)、シラミバエ(Ornithomyia spp...

記事を読む

ビタミンD欠乏症 ~ アヒルのヒナのビタミンD値が不十分な場合、低カルシウム血症またはくる病を発症し発育を妨げます

ビタミンDは、カルシウムホメオスタシスを調節する脂溶性ビタミンであり、骨の健康に不可欠です。食餌から直接摂取することも、または体への照射から得ることがで...

記事を読む

攻撃的な交尾(過剰交尾)

雄のアヒルは、交尾中に相手に乱暴になることがよくあり、負傷することがあります。負傷初期には表面的に現れることがあり、アヒルの首の後ろからいくつかの羽を失...

記事を読む

プリーン腺(油腺)感染症 ~ アヒルが羽をきれいにして防水性を保つのを助けるオイルを産生できなくなります

アヒルの油腺が塞がると、プリーン腺(油腺)感染症を発症し、アヒルが羽をきれいにして防水性を保つのを助けるオイルを産生できなくなります。 プリー...

記事を読む

痛風 ~ アヒルの関節や臓器に尿酸塩の結晶が蓄積することによって起こる炎症性疾患

痛風は、アヒルの関節や体の1つ以上の臓器に尿酸塩の結晶が蓄積することによって起こる炎症性疾患です。尿酸塩の沈着は、腎機能障害、尿酸の排泄障害、または腎臓...

記事を読む

コリン欠乏症 ~ 若いアヒルの成長率の低下

コリンはビタミンに似た必須栄養素で、アヒルの体にいくつかの重要な機能を果たしています。 ●細胞構造を構築し維持するために不可欠な代謝。 ...

記事を読む

アテローム性動脈硬化症 ~ 動脈壁の内部に脂肪沈着物が蓄積することを特徴とする進行性の動脈疾患

アテローム性動脈硬化症は、動脈壁の内部に脂肪沈着物が蓄積することを特徴とする、ゆっくりとした進行性の動脈疾患です。 最終的に脂肪沈着物の蓄積は血流の制限...

記事を読む

アヒルの屈曲翼 ~ 初列風切り羽が上向きにねじれる状態

屈曲翼は、鳥の羽の端にある初列風切り羽が上向きにねじれる状態です。これは、下にある靭帯と筋肉に過剰な力が加えられた結果として、成長している羽の重さが翼端...

記事を読む

アミロイドーシス ~ 組織や臓器内に異常なタンパク質 (アミロイド) が蓄積し臓器不全に至る致死的な進行性の状態

鳥類アミロイドーシスはよく知られた病理学的疾患であり、鳥類、特にアヒルの一般的な死因です。鳥の組織や臓器内に異常なタンパク質 (アミロイド) が蓄積し、...

記事を読む

アフラトキシン中毒症 ~ マイコトキシンの一種でありアスペルギルス属の真菌種(カビ)によって産生される

アフラトキシン (AF) はマイコトキシンの一種であり、アスペルギルス属(Aspergillus属)の真菌種およびペニシリウム属(Penicillium...

記事を読む

亜鉛中毒症 ~ 赤血球や膵臓、砂嚢に損傷を与えます

亜鉛中毒症は、アヒルなどの家禽および野生の水鳥でいくぶん頻繁に起こります。野生のアヒルやカモ類では通常、環境への汚染や、湖、小川、川、貯水池などの自然の...

記事を読む

ビタミンB6欠乏症 ~ 食欲がほとんどなく、発育不良、軟骨異栄養症、および特徴的な神経行動を示す

ビタミンB6はピリドキシンとも呼ばれ、アヒルの体が神経細胞から神経細胞へと信号を伝達するいくつかの神経伝達物質を作るのを助けます。また、アミノ酸の分解に...

記事を読む

アヒルの鉛中毒 ~ 特に胃腸の神経系、腎臓系、造血系に影響を与える

鉛中毒は、野生のアヒルと飼育されているアヒルの両方で最も一般的に報告されている毒性状態の1つです。 野生のカモでは、散弾銃から発射された鉛散弾によって引...

記事を読む

頭蓋内脂肪腫 ~ 羽冠のあるアヒルに生じる先天性奇形

頭蓋内脂肪腫は、羽冠のあるアヒルの82.3%に生じる先天性奇形です。羽冠は頭蓋骨の頭頂部(これは、鶏等のとさかのある種とは異なっている。鶏のとさかは骨の...

記事を読む

藍藻(らんそう)類の毒性 ~ 夏と秋の初めの数ヶ月に最も頻繁に発生します

藍藻類の毒性は、有害な藻類のブルーム (HAB) の中のシアノトキシンに汚染された水の摂取によって引き起こされます。ブルームはシアノバクテリアの細胞、す...

記事を読む

スポンサーリンク
336×280