アフリカ馬疫(African Horse Sickness (AHS)) ~ AHSウイルス(AHSV)によって引き起こされる、重度の感染症



アフリカ馬疫(AHS)は、AHSウイルス(AHSV)によって引き起こされる、重度の感染症で、昆虫を媒介とし、しばしば致命的な馬の病気です。


AHSVは、オルビウイルス属、レオウイルス科に属しています。また、AHSVには9種類の血清型があります。


AHSはアフリカの風土病で、主に中央の熱帯地域で見られますが、南部アフリカや時には北部アフリカにも定期的に広がっています。


AHSVの影響を受ける宿主には、ロバ、ラバ、シマウマなどがあります。AHSは、世界動物保健機関(OIE)が公式に承認している唯一の馬の病気であり、他の国は自国でAHSが発生した場合、直ちにOIEに通知することが義務付けられています。


1930年代にAHSVに対する多価の弱毒生ワクチン(LAV)が開発されました。このワクチンは流行地域の馬に広く使用されています。このワクチンは、9種類すべてのAHSVに対する予防効果があり、それぞれ異なる組み合わせのAHSVが入った2種類のバイアルで提供されています。


AHSには、季節的な発生と流行の周期的な発生の両方があり、干ばつの後に大雨が降ると発生が増加します。


季節的には、AHSのほとんどの症例は夏の終わりから秋にかけて発生します。AHSの大発生は、エルニーニョ/南方振動(ENSO)の温暖期(エルニーニョ)と強く関連しています。


AHSの最初の発生は通常2月に始まり、より深刻な発生は3月と4月に発生します。


初霜が降りた直後(通常は4月末から5月初め)に、この病気は突然消滅します。しかし、遅めの霜が降りた場合や、南アフリカのように通常は霜が降りない地域では、通常5月や6月になってもAHSの発生が続きます。

AHSの4つの症状



AHSは、無症状型、亜急性型(心臓型)、急性呼吸器型(肺型)、および混合型(心臓型と肺型の組み合わせ)の4つの異なる形態で現れます。

●無症状型

馬疫熱とも呼ばれるこのタイプのAHSは、最も軽度で、死に至ることはほとんどありません。臨床症状としては、4~5日かけてゆっくりと発熱し、ピーク時には104~105℉(40~40.5℃)に達し、その後は平熱に戻ります。


●亜急性型または心臓型

AHSの「dikkop」型としても知られており、軽症型です。


罹患馬は50%の確率で回復します。臨床徴候には、馬で3~4日間持続する急性発熱 (102~106℉ (39~41℃) ) があります。熱が下がり始めると、馬の体の様々な部位が腫れ始めます。


最も多いのは眼窩上窩、まぶた、顔面組織、首、胸部、肩関節、肩関節です。3~8日かけて回復する馬では、腫脹が徐々に減少します。


●急性呼吸器型または肺型

これは、「dunkop」または単に「肺型」とも呼ばれ、AHSの急性型と考えられています。


この型のAHSVは、母体由来の受動免疫を失った子馬など、完全な感受性を持つ馬にAHSVが感染した場合に発生します。この型のAHSVに感染した馬の予後は極めて悪く、回復の可能性は5%以下です。


●混合型

この型のAHSは、馬のAHSで最もよく見られる型と考えられています。この型のAHSに罹患した馬は、亜急性型または心臓型と急性呼吸器型または肺型に関連する臨床症状を組み合わせて発症します。罹患した馬の生存率は20~30%です。

伝播



AHSVは、反芻動物のブルータングウイルス(BTV)や馬のウマ脳症ウイルス(EEV)と同様に、主にヌカカ属の吸血昆虫を介することによって宿主間で感染します。

潜伏期間



AHSの潜伏期間は典型的には7~14日ですが、2日程度と短いこともあります。

症状



●発熱

●咳

●呼吸困難

●頭部、頸部、胸部、まぶたの腫れ

●多量の鼻汁

●大量発汗

●沈鬱

●疝痛

●死亡

診断



●病歴

●臨床兆候

●ウイルス分離

●ELISA

●ウイルス中和試験 (VN)

●RT-PCR

●リアルタイムPCR

獣医さんを待っている間



※AHSに接触した疑いのある馬を隔離します。敷地内の厳しい検疫区域と移動管理を確立する。

治療



※疾患を報告する

AHSは報告義務のある病気です。つまり、あなたの馬がこの病気にかかった疑いがある場合、法律により、獣医師に報告する必要があります。

※支持療法

予防



※流行地域またはAHSの伝播リスクが高い地域に居住するウマにワクチンを接種する。

※馬が最も活動する時間帯(夕暮れ時や明け方)には、防虫用のハウジングを備えた厩舎で飼育する。

※ハエ取りシートやマスク、防虫剤の塗布など、馬を吸血昆虫から守るための対策を施します。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280