アドレナリン作動薬と交感神経遮断薬一覧

アドレナリン作動性神経遮断薬(adrenergic neuron blocking agents) ~ グアネチジン(guanethidine)・レセルピン(reserpine)

アドレナリン作動性神経遮断薬とはアドレナリン作動性ニューロン(交感神経節後線維)の末端に働き、伝達物質であるノルエピネフリンの貯蔵を欠乏させたり、その遊...

記事を読む

フェノキシベンザミン(phenoxybenzamine) ~ α遮断薬(α blockers)

交感神経遮断薬には末梢効果器官のアドレナリン受容体の拮抗薬と交感神経系ニューロンに働いて中枢からの緊張を低める薬物とがある。 α₂作動薬も交感...

記事を読む

プロプラノロール(propranolol) ~ メトプロロール(metoprolol) ・β遮断薬(β blockers)

β₁遮断薬は各種循環系疾患の治療薬として多数の薬物が開発されている。 β₂遮断薬には有用性がない。 プロプラノロール(propran...

記事を読む

エフェドリン(ephedrine) ~ 間接型・混合型アドレナリン作動薬

間接型・混合型アドレナリン作動薬 この系の薬物はカテコールアミンではないのでCOMTに影響されないし、多くはMAOに対しても抵抗性です...

記事を読む

アンフェタミン(amphetamine)・メタンフェタミン(methamphetamine)

この二つの薬物は中枢興奮作用が強く、覚醒アミンと呼ばれています。 薬理作用 中枢興奮 動物に投与すると自発運動が著明に増大...

記事を読む

イソプロテレノール(isoproterenol,イソプレナリン) ~ ドブタミン(dobutamine)

体内動態 エピネフリンと類似しますが、MAO抵抗性であるために主としてCOMTによって不活化される。 経口投与によっても全身循環に入...

記事を読む

クレンブテロール(clenbuterol) ~ 慢性呼吸器感染症の症状改善と子宮・産道弛緩に用いられる

特異的β₂作動薬で、吸収分布性に優れ、経口投与によって数時間の有効性が期待できる。 平滑筋弛緩 小用量の投与によって気管支筋弛緩作用...

記事を読む

フェニレフリン(phenylephrine) ~ α作動薬(α agonist)

エピネフリンの4位の水酸基がない化合物で、体内動態は類似する。 特異的なα₁作動薬で、末梢血管収縮作用が強い。 心では反射性の徐脈が...

記事を読む

メチルドパ(methyldopa) ~ α₂受容体の特異的作動薬として働き、交感神経緊張を低下させる

メチルドパは脳内に入ってメチルエピネフリンに変わり、α₂受容体の特異的作動薬として働き、交感神経緊張を低下させる(クロニジン類似)。 交感神経...

記事を読む

クロニジン(clonidine) ~ 吸収・分布性に優れ、経口投与すると全身に分布し、6時間以上の効果が期待できる

特異的α₂作動薬ですが、化学構造が他のアドレナリン作動薬とは全く異なる。吸収・分布性に優れ、経口投与すると全身に分布し、6時間以上の効果が期待できる。 ...

記事を読む

ノルエピネフリン(norepinephrine, ノルアドレナリン noradrenaline)

体内動態 エピネフリンと類似するが、分布容が高く、血液中から急速に組織に取込まれる。 ●薬理作用 α作用とβ₁作用は強いが...

記事を読む

ドパミン(dopamine)

生体内動態 ドパミンは中枢神経系内での重要な活性物質ですが、生体内動態がエピネフリンと類似しており、静注しても脳脊髄には殆ど分布しない。 ...

記事を読む

エピネフリン(epinephrine, アドレナリン adrenaline) ~ アレルギー・アナフィラキシーの各種徴候に対して有効性が高い

エピネフリンは医薬品として利用価値の高い薬物です。 体内動態 水溶性が低く、有機溶媒への溶解性が高い。この性格からは脂質バリアの通過...

記事を読む

スポンサーリンク
336×280