アシクロビル(Acyclovir) ~ 鳥類のマレック病の治療に用いられることが研究されています



アシクロビルはヘルペスウイルス感染症の治療に用いられる抗ウイルス薬です。ウイルスDNAの合成を阻害することによって作用します。


ヒトでは、アシクロビルは水痘帯状疱疹ウイルス (水痘) および帯状疱疹ウイルス (帯状疱疹) の治療に用いられます。


マレック病ウイルスはヘルペスウイルスでもあるため、アシクロビルは鳥類のマレック病の治療に用いられることが研究されています。


研究では、アシクロビルの使用により、ニワトリ胚における七面鳥ヘルペスウイルスおよびマレック病ウイルスのin vitro複製が阻害された。また、成鶏のマレック病ウイルスに感染した鶏の腫瘍発生を抑制することも示されました。

薬物形態



錠剤(400、800mg)、粉末(50mg/ml)、経口懸濁液(40mg/ml)、200mgカプセルがあります。

投与量



10mg/kg、筋注、24時間ごと×5~14日

副作用



●重度の筋壊死

●腎障害

●口渇の増加

●嗜眠

●発作

●振戦

●昏睡

●行動の変化

薬物相互作用



※テリフルノミド


アシクロビルの血清中濃度は、テリフルノミドと組み合わせると増加する可能性があります。


※チザニジン


チザニジンは、アシクロビルと組み合わせると血清濃度を上げることができます。

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク

水鳥専用ペレット飼料
スポンサーリンク
広告336×280