活性炭(Activated charcoal) ~ 上部消化管内の多くの化学物質および薬物を吸着しそれらの吸収を阻害または低下させます



活性炭は上部消化管内の多くの化学物質および薬物を吸着し、それによってそれらの吸収を阻害または低下させます。


活性炭の効果は、投与の速さと毒物の飲み込み具合によって異なります。


薬や化学物質を飲み込んだ後に活性炭を投与するのが早ければ早いほど、効果があります。活性炭は、誤嚥を避けるように細心の注意を払いながら、注射器(シリンジ)、点眼器、または洗浄チューブを用いて鳥類に経口投与できます。


※以下のいずれかが関与している場合、活性炭を与えないでください。


●酸・アルカリ・腐食性物質

●シアン化物

●エタノール/メタノール/グリコール

●ユーカリとエッセンシャルオイル

●フッ化物

●炭化水素

●重金属~鉛、亜鉛など

●無機酸-ホウ酸

保存・安定性



活性炭は、密閉されたガラスまたは金属の容器、または製造元が提供する容器に保管してください。


注:他の経口投与された治療薬の少なくとも3時間の投与により、活性炭の投与量から分離する。活性炭の吸着特性が低下するため、活性炭を乳製品や鉱油と一緒に投与しないでください。

薬物形態



経口懸濁液10.4%(104mg / ml)、または顆粒47.5%(475mg / g)として入手できます。

投与量



2000~8000mg/kg、経口投与

副作用

●便秘

●下痢

●嘔吐

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク

水鳥専用ペレット飼料
スポンサーリンク
広告336×280