ドングリの毒性(Acorn Toxicity) ~ ドングリ、若芽、小枝、葉は、十分な量を摂取すると馬に毒性があります



オークの木(コナラ属:ケルクス属:Quercus spp)のドングリ、若芽、小枝、葉は、十分な量を摂取すると馬に毒性があります。


オークの木の部分には、加水分解性タンニンとして知られるポリフェノール複合体、特にガロタンニンが含まれており、これらは馬に毒性があります。


大量のタンニンが馬の体内に存在すると、体内のタンパク質のレベルと悪影響を及ぼし、胃腸系、腎機能、そして頻度は低いですが肝臓にダメージを与えます。


加水分解性タンニンの濃度は、オークの種類、季節、成長段階によって異なり、未熟な葉(春に成長する)や木から落ちたばかりのドングリ(秋に発生する)に最も多く含まれています。


少量の葉やドングリを食べることは一般的に無害です。


しかし、問題となるのは、馬が味を覚え、牧草地で積極的にドングリを求めるようになった場合で、これは起こり得ることです。


少量のドングリを食べた場合は、軽度の臨床症状にとどまり、回復する可能性があります。しかし、大量のドングリを摂取した場合、症状はより重くなり、しばしば下痢、疝痛、急性尿細管壊死を引き起こします。

症状



●沈うつ

●食欲不振

●下痢

●頻尿

●疝痛

●糞便または尿中の血液またはどんぐり片

診断



●病歴

●臨床兆候

●身体診察

●臨床検査

●剖検

治療



※支持療法:どんぐりが馬の体内を通過するまで、積極的な輸液療法、ストレスの制限、下剤治療を行う。

予防



※馬のパドックのフェンスラインの中や横にあるオークの木の手の届く範囲の枝をすべて切り落とすか、フェンスで囲う。

※オークの刈り込みやドングリを馬が触れるような場所に捨てないように注意します。

※ドングリが落ちている場所に馬を近づけさせない。

予後



●予後は、摂取した毒素の量によります。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280