事故による怪我(馬)一覧

懸垂靭帯分枝靱帯炎(Suspensory Ligament Branch Desmitis) ~ 前肢または後肢に生じる内側または外側枝領域の損傷を伴います

懸垂靭帯分枝靱帯炎はウマの懸垂靭帯に対する特異的なタイプの損傷であり、前肢または後肢に生じる内側または外側枝領域の損傷を伴います。一般的には1本の肢の1...

記事を読む

副管骨の骨折(Splint Bone Fractures) ~ 競走馬に発生する骨折の中でもより一般的なタイプの骨折

副管骨の骨折は、競走馬に発生する骨折の中でも、より一般的なタイプの骨折です。 2008年にSherlockとArcherが行った研究では、イギ...

記事を読む

毒グモによる咬み傷(Spider Bite) ~ 咬まれた場所、ウマの大きさと年齢、クモの種類によって重症度が異なる

ゴケグモ属 (ラトロデクタス:Latrodectus) やドクイトグモ (ロクソセレス・レクルサ:Loxosceles reclusa) などの毒グモに...

記事を読む

浅屈腱炎(Superficial Digital Flexor (SDF) Tendinitis) ~ 競走馬や競技馬などにおいて最も一般的なタイプの腱損傷の一つです

浅指屈筋腱(SDFT)損傷は、競走馬やトップレベルの競技馬などのパフォーマンスホースにおいて、最も一般的なタイプの腱損傷の一つです。 SDFT...

記事を読む

蛇の咬傷(Snake Bite) ~ 馬は放牧地で時々蛇に遭遇することがあり噛まれることがあります

馬は放牧地で時々蛇に遭遇することがあり、その結果、馬が噛まれることがあります。 噛まれた場合の重症度は、噛まれた場所、蛇の毒の種類、馬の大きさ...

記事を読む

敗血症性関節炎(Septic Arthritis) ~ 馬の非常に深刻な症状で関節とその周辺組織の細菌感染によって引き起こされます

敗血症性関節炎は、馬の非常に深刻な症状で、関節とその周辺組織の細菌感染によって引き起こされます。 全ての年齢の馬に発症しますが、子馬の場合は「...

記事を読む

蹄膿瘍(Sole Abscess) ~ 蹄の知覚部に膿瘍を形成して急性の跛行を生じる疾患

蹄膿瘍は、蹄の知覚部に膿瘍を形成して急性の跛行を生じる疾患です。蹄底の下に膿が溜まった状態で、骨折した馬の重症度に似た、体重をかけない跛行が突然発症する...

記事を読む

近位繋靭帯炎(Proximal Suspensory Desmitis (PSD)) ~ 競走馬によく見られる怪我で前肢や後肢に発生

近位繋靭帯炎:深管骨瘤(PSD)は、繋靭帯(中骨間筋)と第3中手骨の繋靭帯付着部における炎症に起因するものです。競走馬によく見られる怪我で、前肢や後肢に...

記事を読む

肉芽組織(Proud Flesh) ~ 馬の創傷治癒過程で頻繁に発生する症状

過増殖性肉芽組織:Exuberant granulation tissue (EGT)は、一般的に肉芽組織と呼ばれ、馬の創傷治癒過程で頻繁に発生する症状...

記事を読む

足の穿刺傷(Puncture Wounds In The Foot) ~ 馬の生命を脅かす非常に深刻な傷となります

足の穿刺傷は、馬の生命を脅かす非常に深刻な傷となります。 貫通物には土やサビ、糞尿などが付着していることが多く、これらが細菌を敏感な蹄の組織に...

記事を読む

蹄壁膿瘍(Hoof Wall Abscess) ~ 馬の重度の跛行の最も一般的な原因

蹄壁膿瘍は馬の重度の跛行の最も一般的な原因の一つであり、一晩または短期間で発生することがあります。蹄壁膿瘍は蹄の感染症であり、細菌が蹄壁の内部に侵入し、...

記事を読む

馬の熱ストレス(Heat Stress) ~ 馬は暖かい温度にさらされて運動するとオーバーヒートのリスクが高くなります

馬の主な放熱方法は汗の蒸発で、特に夏場は気温が高い場所で生活しているため、汗が蒸発してしまいます。 馬が運動すると、馬の体は大量のエネルギーを...

記事を読む

落雷による被害(Lightning Strikes) ~ 馬は雷雨のときに放牧地にいると雷に打たれる危険性がある

馬は、雷雨のときに放牧地にいると、雷に打たれる危険性があります。 世界では毎年何百頭もの家畜が雷で死亡しており、報告されていないケースも多くあ...

記事を読む

深指屈筋腱支持靱帯の繋靱帯炎(Desmitis Of The ALDDFT) ~ 競走馬における一般的な軟部組織損傷です

深指屈筋腱支持靱帯 (ALDDFT) の繋靱帯炎は、競走馬における一般的な軟部組織損傷です。 ALDDFTは、足根 (手根) の足底 (手掌)...

記事を読む

深指屈筋腱(Deep Digital Flexor Tendon (DDFT) Injury) ~ 競走馬によく見られる腱損傷の一種

深指屈筋腱(DDFT)損傷は、競走馬によく見られる腱損傷の一種です。 馬のDDFTは、球節の関節を支え、運動時にエネルギーを蓄えるバネの役割を...

記事を読む

ヒアリの咬傷(Fire Ant Bites) ~ 痛みを伴う咬傷と刺傷を同時に行い馬をを攻撃します

馬は、牧草地での放牧中に、外来種であるヒアリ(ソレノプシス・インビクタ:Solenopsis invicta)が作った塚を誤って踏んだり、転がったり、近...

記事を読む

側副靱帯損傷(Collateral Ligament Injury) ~ 足根骨 (飛節) 、肘および膝関節に起こる可能性があります

側副靱帯(CoL)損傷は、足根骨 (飛節) 、肘および膝関節に起こる可能性があります。ウマは、損傷の部位および重症度に応じて異なる臨床徴候を呈します。 ...

記事を読む

蹄骨骨折(Coffin Bone Fracture) ~ 罹患した馬の跛行の程度は骨折の場所によって異なります

蹄骨は、蹄骨、第3指骨、末節骨とも呼ばれます。四肢の最も体重の掛かる部分にある骨で、蹄の内側に内包されています。 蹄骨の骨折はいくつかの種類が...

記事を読む

コンパートメント症候群(Compartment Syndrome) ~ 馬の片側前肢に重度の跛行が急性に発症する稀な原因

コンパートメント症候群(筋区画)は、馬の片側前肢に重度の跛行が急性に発症する稀な原因です。 コンパートメント症候群は、筋肉や神経を含むコンパー...

記事を読む

食道閉塞:喉つまり(Choke) ~ 乾燥した食餌によって食道が急性に閉塞することで起こる馬の緊急事態

食道閉塞は、一般的に「食道梗塞」と呼ばれており、乾燥した食餌によって食道が急性に閉塞することで起こる馬の緊急事態です。 通常、厩舎での給餌中ま...

記事を読む

クロストリジウム性筋壊死(Clostridial Myonecrosis) ~ ウマへの筋肉注射や不潔な傷(特に鋭利なものによる傷)が原因によって起こります

クロストリジウム性筋壊死は、様々な毒素を産生し、その多くが致死的であることが知られているクロストリジウム属(Clostridium spp.)、偏性嫌気...

記事を読む

飛端腫(Capped Hock) ~ 硬い床に敷科が足りない状態で横たわったり外傷が原因で起こることが多い

飛端腫(ひたんしゅ)は、飛節上にできる腫れです。 飛端腫は通常、馬がストール(馬房のひと仕切り)や馬運車を繰り返し蹴ったり、硬い床に敷科が足り...

記事を読む

蜂刺され(Bee Sting) ~ ハチに刺されると局所的な反応と重篤な全身性疾患の2種類の反応が起こります

時折、馬はミツバチに刺されることがあります。ミツバチの毒液は、高分子量のタンパク質、ペプチド、さまざまなアミン、単純な有機分子、その他の生物活性物質で構...

記事を読む

挫跖:ざせき(STONE BRUISE:Bruised Sole) ~ 痛みを伴う蹄の状態であり馬の跛行の原因となることがよくあります

挫跖(ざせき)は痛み(炎症)を伴う蹄の状態であり、馬の跛行の原因となることがよくあります。この症状は、蹄鉄を履いていたことがあり、最近蹄鉄を外した馬によ...

記事を読む

空気塞栓症(Air Embolism) ~ 気泡が静脈や動脈に入り込んで塞いでしまうこと

空気塞栓症は、ガス塞栓(症)とも呼ばれ、気泡が静脈や動脈に入り込んで塞いでしまうことをいいます。これらの気泡は、脳、心臓、肺に移動し、痙攣、失明、運動失...

記事を読む

スポンサーリンク
336×280