ダニ類一覧

舌虫症(症状・予防) ~ 犬舌虫の成虫は犬、キツネなどイヌ科の食肉動物の鼻腔内に寄生

犬舌虫の成虫は犬、キツネなどイヌ科の食肉動物の鼻腔内に寄生し、約2年間は生存しており、鼻汁や分泌物を、ときに血液を食べると考えられています。 ...

ツメダニ症(症状・防除) ~ ツメダニ症は犬、猫に発生が知られています

ツメダニ症は本邦にも犬、猫に発生が知られています。犬からの報告が多く、C.yasguriに原因しています。猫での報告は少なく、原因ダニとして、C.bla...

毛包虫症(症状・予防) ~ 毛包虫は毛包、皮脂腺に寄生し急性・慢性の皮膚炎を発生させる

毛包虫症は犬に最も多発し、牛、馬、山羊、豚、めん羊、猫にもみられます。大動物では牛が皮革の経済的損失も含めて重要ですが、他の家畜での重要性は少ない。 ...

疥癬(症状・予防) ~ 激症例では全身脱毛もみられ、全身感染をみる激症慢性例では栄養不良、削痩も現れる

潜伏期は疥癬虫の種類や宿主の感受性によって異なりますが、一般に2~6週間と考えられています。馬に穿孔疥癬虫を人工感染させて17日と24日に発症した。また...

ハイダニ症(症状・防除) ~ 哺乳類の呼吸器系や前頭洞に寄生する

犬に寄生するイヌハイダニは米国(ハワイも含む)、オーストラリア、日本、南アフリカから報告があります。本邦では、千葉県と東京で、各々1例の報告がありますが...

ケダニ症(ツツガムシ病)の症状と防除 ~ 一部のツツガムシはヒトを刺してツツガムシ病を伝播します

ツツガムシには多くの種類があり、成虫と若虫は自由生活性の捕食者ですが、ある種の幼虫はヒトや多くの家畜、野生獣、鳥類を刺し、組織液を吸飲して皮膚炎の原因と...

鶏ダニ症(症状・防除) ~ 養鶏上で問題となるのはトリサシダニ類とワクモによる被害

鶏に寄生するダニで重要な種類はワクモとトリサシダニであり、吸血性があって被害が大きい。ワクモは約1mmの小さなダニで、鶏、鳩、家禽、その他の飼鳥、野鳥を...

マダニ症(症状・防除) ~ マダニ類による害は大きく、特に大形の牛、馬などの動物の放牧の際に被害が著しい

ダニが多数寄生すると、局所刺激によって動物は落ち着かず、牛、馬は前肢で地を掻き、あるいは蹴踢して不安状態がみられます。犬では趾間の寄生で跛行します。 ...

犬舌虫 ~ 終宿主は犬、キツネ、オオカミなどのイヌ科動物で、その上部気道にみられる

犬舌虫(Linguatula serrata)、体は細長く、蠕虫状で、前方が太く、後方になるにつれて細くなります。体表には体節様の溝線が多数認められます...

犬毛包虫(イヌニキビダニ) ~ 寄生部位は犬の毛包ですが、リンパ節などにも認められる

犬毛包虫(イヌニキビダニ):Demodex canis、毛包虫は他の小形のダニと形態が著しく異なり、後胴体部が非常に延長して、全体が蠕虫状を呈します。 ...

猫小穿孔疥癬虫(ネコショウセンコウヒゼンダニ) ~ 猫の耳介、顔面、頭部に寄生しますが、犬や齧歯類にも感染

猫小穿孔疥癬虫(ネコショウセンコウヒゼンダニ):Notoedres cati、体はほぼ円形、帯白色、体表面に同心円状の横条があります。脚は短い。 ...

穿孔疥癬虫(ヒゼンダニ) ~ 宿主範囲は広く、ヒトを含む多くの哺乳動物

穿孔疥癬虫(ヒゼンダニ):Sarcoptes scabiei、体はほぼ円形で白色、脚は短い。 背面中央部に多数の太く短い棘状突起があります。雄...

耳疥癬虫(イヌミミヒゼンダニ) ~ 猫、犬、フェレット、キツネの外耳道に寄生

耳疥癬虫(イヌミミヒゼンダニ):Otodectes cynotis、Psoroptes属のダニに酷似しています。胴部は楕円形で雄は0.315 x 0.2...

牛食皮疥癬虫 ~ 馬、牛、めん羊、山羊、ウサギに寄生

牛食皮疥癬虫(Chorioptes bovis)、Chorioptes属のダニはこの1種だけで、宿主の動物種に適応した株があると考えられています。 ...

ウサギ吸吮疥癬虫(ウサギキュウセンダニ) ~ ウサギ、めん羊、馬、ロバの耳に寄生

ウサギ吸吮疥癬虫(ウサギキュウセンダニ)(Psoroptes cuniculi)、体は楕円形で黄白色 体長は、雄0.4~0.75mm、雌0.3...

サルハイダニ ~ サルの肺実質に寄生

サルハイダニ(Pneumonyssus simicola)、体は長楕円形、雄0.55 x 0.23mm、雌0.72 x 0.27mm 虫卵は1...

イヌハイダニ ~ 犬の前頭洞、鼻腔に寄生

イヌハイダニ(Pneumonyssus caninum)、成虫は淡黄色、卵形で小さく、雄1.0~1.5 x 0.6~0.9mm、雌0.99 x 0.60...

ネコツメダニ ~ 猫に寄生

ネコツメダニ(Cheyletiella blakei)、イヌツメダニとの形態学的な差は僅少で、3種のツメダニの鑑別は雌の後胴体部前に存在する1対の小板の...

ウサギツメダニ ~ 宿主はウサギ

ウサギツメダニ(Cheyletiella parasitivorax)、形態学的にイヌツメダニと鑑別困難で、イヌツメダニやネコツメダニが別種として記載さ...

イヌツメダニ ~ 犬に寄生して世界各地に広く分布

イヌツメダニ(Cheyletiella yasguri)、色は淡黄褐色で類楕円形 雄は0.520 x 0.392mm、雌は0.395 x 0....

トリサシダニ ~ 家禽や野鳥に寄生し、肛門付近や頭部に特に多い

トリサシダニ(Ornithonyssus sylviarum)、ワクモに似ていますが、小さく、雄は0.45~0.46 x 0.24~0.25mm、雌は0...

スポンサーリンク
336×280