トウゴウヤブカ ~ 人畜を吸血し、犬糸状虫、セタリア属糸状虫の好適中間宿主



トウゴウヤブカ(Aedes togoi)、Aedes属の蚊は種が非常に多く、衛生動物として重要な多くの種を含みます。雌の触肢は非常に短く、末端と中央に白帯があります。


吻の太さは一様です。胸部背面に不明瞭な縦走条斑があります。翅長約4.5mm、昼間吸血しますが、夜間、電灯下でも吸血します。


人畜を吸血し、犬糸状虫、セタリア属糸状虫の好適中間宿主です。


幼虫は海岸の塩分の濃い水たまりにも発生し、分布はおもに海岸地方です。卵は卵塊とならず、黒色で、水面に浮かびます。


日本全土、アジア東部および東南部に分布します。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280