タカサゴキララマダニ ~ 成虫は馬のほか大形の野生動物やヒトに寄生



タカサゴキララマダニ(Amblyomma testudinarium)、眼と花彩があり、触肢は棒状でながく、大形(雄5.5 x 5.0、雌5.5~20.0 x 6.2~17.0mm)のマダニです。


体全体が卵円形で、背板表面に美しい色斑があります。


成虫は馬のほか大形の野生動物やヒトに寄生し、幼虫と若虫は中・小形の哺乳類と鳥類に寄生します。


分布は東南アジアのほか、日本(関東以西より南西諸島)にも分布します。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280