家禽の捕食者一覧

家禽の捕食者 ~ ネズミ編(日本および欧米)

ネズミの攻撃を防ぐ方法 開口部を塞ぐ:鶏舎のすべての開口部には密閉できる蓋が必要であり、常に閉じておくべきです。また、パイプや排気ファンの周り...

記事を読む

家禽の捕食者 ~ アライグマ編(日本および欧米)

アライグマの攻撃を防ぐ方法 環境の改善:潜在的な営巣場所および食物および水場を除去する。また、ゴミ箱を固定して荒らされないようにします。食べ残...

記事を読む

家禽の捕食者 ~ カササギ編(日本および欧米)

カササギの被害 カササギはカラス、ワタリガラス、カケスなどのカラス科に分類されます。カササギは騒々しく攻撃的な一面と、とても好奇心旺盛で賢いこ...

記事を読む

家禽の捕食者 ~ キツネ編(日本および欧米)

キツネの被害 キツネは知的な捕食者であり、養鶏場やペットのニワトリ等に大規模な損失ををもたらすことで知られています。キツネは襲撃後通常、獲物を...

記事を読む

家禽の捕食者 ~ コヨーテ編(欧米)

コヨーテの被害 コヨーテは家禽類の一般的な捕食者です。イヌ科の仲間で、犬やオオカミ、キツネの仲間です。大人のコヨーテの体重は約13キログラムで...

記事を読む

家禽の捕食者 ~ 熊編(日本および欧米)

熊の被害 クマは通常、昼行性の単生哺乳類ですが、多くの場合、夜間や薄暮の住宅地近くでも最も活動的です。熊は嗅覚に優れ、非常に速く、登山や水泳も...

記事を読む

家禽の捕食者 ~ ヘビ編(日本および欧米)

ヘビの被害 ヘビは家禽が飼われている場所でよく見られる捕食者で、毒ヘビも無毒ヘビも、たくさんの種類のヘビがいます。大型個体は家禽や家畜だけでな...

記事を読む

家禽の捕食者 ~ ワシ編(欧米)

ワシの被害 ハクトウワシは、鶏、アヒル、および他の家禽を捕食します。ワシは大型の猛禽で、高さは約90cmにまで成長します。体長は約70~102...

記事を読む

家禽の捕食者 ~ クーガー(ピューマ)編(欧米)

クーガー(ピューマ)の被害 クーガーはマウンテンライオンとしても知られており、北米原産の最大の猫です。クーガーは主に夜行性の動物ですが、日中に...

記事を読む

家禽の捕食者 ~ スカンク編(欧米)

スカンクの被害 スカンクは鋭い曲がった爪のおかげで非常によく掘れます。一般的には登らず、柵の下を這ったり、下を掘って家禽に近づきます。彼らは一...

記事を読む

家禽の捕食者 ~ オポッサム編(欧米)

オポッサムの被害 オポッサムは、ネズミのような尻尾と先のとがった顔で知られる有袋類です。時々、彼らはサイズが似ているために大きな猫と間違えられ...

記事を読む

家禽の捕食者 ~ アリゲーター編(欧米の場合)

ワニ被害 ワニは、米国南部のような温暖な気候の湿地に隣接して住んでいる家禽飼育者にとって問題になる可能性があります。春から夏にかけて最も活発に...

記事を読む

家禽の捕食者 ~ フクロウ編(欧米の場合)

フクロウ被害 フクロウは、ハヤブサ、タカ、ワシ、トビ、ミサゴなどと並んで猛禽類と呼ばれています。フクロウはほとんど夜行性で、大きな頭と前を向く...

記事を読む

家禽の捕食者 ~ アナグマ編

アナグマの被害 アナグマは、背が低く、太く、灰色の体、黒い顔、頭から尾まで明るい色の縞模様の、ずんぐりした中型の哺乳類です。アナグマは日和見主...

記事を読む

家禽の捕食者 ~ イタチ編

イタチ被害 イタチは可愛らしくて無害に見えるかもしれませんが、実際には恐れを知らない、血に飢えたハンターであり、機会があればあなたの鳥を殺しま...

記事を読む

家禽の捕食者 ~ 鷹(タカ)編(日本および欧米)

タカの被害 タカによる攻撃は家禽類、特に小型の鶏種および若鳥によくみられます。いくつかのタカの種は、ニワトリや時にはアヒルや七面鳥を捕食するこ...

記事を読む

家禽の捕食者 ~ 犬編

犬の被害 犬とコヨーテは似たような痕跡を残しますので、見分けがつきにくいかもしれません。飼い犬は体の多くの部分を攻撃して噛むかもしれませんが、...

記事を読む

家禽の捕食者 ~ 猫編

猫被害 家ネコおよび野生ネコは家禽、特に幼雛または小型の鶏種の捕食者です。ネコが獲物を殺して食べる方法(あなたの鳥)は、鳥の大きさと年齢によっ...

記事を読む

スポンサーリンク
336×280