メジロ・ヒヨドリ・オナガ

メジロ
メジロ
いわゆるウグイス色(緑色)はこのメジロの色です。目に白メガネを掛けた可愛い姿が愛され、良く籠に飼われていました。現在では捕獲や飼育はできませんが、外国産のメジロは飼育できます。


ヒヨドリ
ヒヨドリ
ヒヨドリは冬を平地で過ごし、夏は山へ入るいわゆる漂鳥です。ピーヨ、ピーヨという高い声で、友を呼び木の実に集ります。しかし、中々用心深い鳥で撮影が難しいです。


オナガ
オナガ

体はスズメよりも遥かに大きく、灰青色の長い尾を持っており、背は濃い灰色、翼は黒く下側は灰白色です。低い山地や平野の森林、家の近くなどに棲んでいます。


特に関東地方の村落付近には小さい群れを作っていて、ゲーイ、ゲーイと鳴き合って飛びあるいています。今では東北地方、北陸地方、九州の北部や四国などにもおりますが、限られた地域に分布しています。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280