外皮・皮膚一覧

スナノミ症(Tungiasis) ~ スナノミがヤギの皮膚に侵入して埋没することで起こる寄生虫症

スナノミ症は、ツンガ属:Tunga属(ノミ目:Siphonaptera:シフォナプテラ)のメスのスナノミがヤギの皮膚に侵入して埋没することで起こる寄生虫...

記事を読む

疥癬(Sarcoptic mange) ~ 夏期に感染する機会が増えます

疥癬は、センコウヒゼンダニおよびキュウセンヒゼンダニの寄生に起因します。 山羊ではヤギセンコウヒゼンダニによる被害が最も多いです。めん羊、山羊...

記事を読む

ブドウ球菌性皮膚炎(Staphylococcal dermatitis) ~ ヤギにおける一般的な皮膚感染症

ブドウ球菌性皮膚炎は、ヤギにおける一般的な皮膚感染症であり、スタフィロコッカス・インターメディウス(Staphylococcus intermedius...

記事を読む

白癬(Ringworm) ~ ヤギの体のどこにでも発生する可能性があります

白癬は、カビの一種である白癬菌(角質親和性真菌:皮膚糸状菌として知られている)が皮膚に感染して起こる病気です。 白癬菌は、皮膚の角層や毛髪に...

記事を読む

キュウセンヒゼンダニ症(Psoroptic mange) ~ 高齢のヤギに多く見られ冬に多く発生する傾向

キュウセンヒゼンダニ症(Psoroptic mange)は、ウサギキュウセンヒゼンダニ(Psoroptes cuniculi)による感染症で、最も一般的...

記事を読む

落葉状天疱瘡(Pemphigus foliaceus) ~ 皮膚のまれな自己免疫疾患

落葉状天疱瘡は、皮膚のまれな自己免疫疾患で、ヒト、ヤギ、ウマ、ネコ、イヌに発症することがあります。 1カ月から7歳まで、ヤギのすべての年齢層に...

記事を読む

ヨード欠乏症(Iodine deficiency) ~ ヨウ素を含むバランスのとれた食餌を与える

ヨード欠乏症は、主に幼獣に見られる栄養上の問題であり、他の家畜よりもヨウ素の必要量が高い。ヤギの成獣は、甲状腺に蓄えられているヨウ素を利用して、季節的な...

記事を読む

ショクヒヒゼンダニ症(Chorioptic mange) ~ ダニによる病変、軽度の痂皮形成および痂皮の鱗屑が特徴

ショクヒヒゼンダニ症は、ショクヒヒゼンダニ:Chorioptes bovisおよびC.capraeダニによって引き起こされます。 病変、軽度の...

記事を読む

仮性結核症(Corynebacterium pseudotuberculosis infection) ~ 小反芻動物のリンパ節炎の一般的な原因

仮性結核菌(Corynebacterium pseudotuberculosis)は、感染力の高い細菌感染症です。小反芻動物のリンパ節炎の一般的な原因で...

記事を読む

凍傷(Frostbite) ~ 子山羊の耳の先端と足は凍傷になりやすい

寒い気候地域に住んでいる場合、子山羊の耳の先端と足、および成ヤギの乳頭と陰嚢は、冬季、凍傷になりやすいです。 症状 ●壊死した皮膚...

記事を読む

スポンサーリンク
336×280