ヒストモナス症(黒頭病)はシチメンチョウでは致死性が高い



ヒストモナス症は、原生動物の寄生虫であるHistomonas meleagridisの感染によって引き起こされる寄生虫病です。


この病気は、感染した鳥に見られる一般的な症状の1つが、顔、および肉冠が暗紫色の青みがかったまたは黒みがかった外観であるため、「黒頭病」と名付けられました。


この変色は、血液中のヘモグロビンの過剰な濃度またはチアノーゼの結果として発生します。


ヒストモナス症は、七面鳥や野鳥にとってより大きな問題ですが、ニワトリでも発生する可能性があります。


ヒストモナス症の発生は、夏の終わりから秋の雨の後で頻繁に見られます。これは、大雨の後、一般的に土壌から浮上するミミズの関係によるものです。


彼らはしばしば原虫Histomonas meleagridisを運ぶ線虫(別名盲腸虫、Heterakis gallinarum )の宿主です。


鶏がこの線虫を運ぶミミズを食べると、彼らは間接的に自分自身に感染します。


ヒストモナス症(黒頭病)はシチメンチョウでは致死性が高い
ヒストモナス症(黒頭病)はシチメンチョウでは致死性が高い



鶏が感染した鳥の糞の近くの環境から感染したミミズまたは盲腸虫の卵を食べると、H.meleagridisは消化管に感染し、そこで損傷を引き起こします。

ヒストモナス症の臨床兆候



●水っぽい又は黄緑色便

●渇きの増加

●羽毛を膨らませる

●食欲不振

●無気力

●黒または青みがかった色の顔

●歩行異常

ヒストモナス症の支持療法・治療



群れから鳥を隔離し、安全で快適な暖かい場所に置き、ストレスのない生活をさせます。


イベルメクチンやレバミゾールでの駆虫

鶏の虫下しに塩酸レバミゾール を使用します
    鶏の虫下し(鶏回虫、鶏毛細線虫、鶏盲腸虫の駆除)や鶏黒頭病の予防や治療に塩酸レバミ…
キジと水鳥 仲田幸男
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280