ウシ(牛)の病気一覧

ヒ素の毒性(Arsenic toxicity)

ヒ素は、周期表のV族に属する非金属または半金属で、環境中に少量存在することが多い。 ヒ素はかつて、クロム銅ヒ素系木材保存剤、殺菌剤、農薬、除草...

記事を読む

牛RSウイルス(Bovine respiratory syncitial virus) ~ 自然宿主はウシですがヒツジやヤギに感染することもある

牛RSウイルス(BRSV) は牛の重篤なウイルス性呼吸器疾患です。 BRSVは軽度から生命を脅かす臨床徴候まで幅があり、ウイルスによる組織の損...

記事を読む

キョウチクトウ中毒(Oleander poisoning) ~ 乾燥したキョウチクトウの葉を体重の0.005%程度摂取しただけで致命的

キョウチクトウ(夾竹桃)は、丈夫な観賞用の常緑低木で、世界中の動物中毒の主な原因です。 キョウチクトウは熱帯および亜熱帯地域に見られ、濃い灰緑...

記事を読む

麦角中毒症(Ergotism) ~ 全ての動物およびヒトに対して毒性を示します

麦角中毒症は、クラビセプス属:Claviceps属(クラビセプス・アフリカナ:C.africana、クラビセプス・ソルギ:C.sorghi、クラビセプス...

記事を読む

硝酸塩中毒(Nitrate Poisoning) ~ 高濃度の硝酸塩を含む牧草、干し草、飼料、飲料水を摂取することで牛に発生

硝酸塩中毒は、高濃度の硝酸塩を含む牧草、干し草、飼料、飲料水を摂取することで牛に発生する可能性があります。 植物が硝酸塩を蓄積する要因は、主に...

記事を読む

蹄葉炎(Laminitis) ~ 有蹄類の蹄部で発生する有痛性の疾病のひとつ

蹄葉炎は、有蹄類の蹄部で発生する有痛性の疾病のひとつであり、馬や牛で発生が報告されています。 これは、牛の全身的な代謝障害の局所的な症状です。...

記事を読む

ピロリジジンアルカロイド毒性(Pyrrolizidine Alkaloid Toxicity) ~ 牛の慢性肝疾患の一般的な原因となっています

ピロリジジンアルカロイド(PA)中毒は、牛の慢性肝疾患の一般的な原因となっています。 これは、PAを含む植物を繰り返し摂取することで起こります...

記事を読む

牛の乳房炎(Mastitis) ~ 雌牛の乳腺に炎症が起こる病気

乳房炎は、乳牛の最も経済的に重要な病気で、雌牛の乳腺に炎症が起こる病気です。 多くの場合、病原性細菌の感染によって引き起こされます。乳房炎は、...

記事を読む

ドクニンジンの毒性(Poison hemlock toxicity) ~ 植物のすべての部分に毒性があります

ドクニンジン(コニウム・マクラツム:Conium maculatum)は、ヨーロッパや西アジアが原産の一年草または二年草です。 アメリカやオセ...

記事を読む

藍藻の毒性(Blue-green algae toxicity) ~ 牛は汚染された水を飲むことによって中毒になります

藍藻は、シアノバクテリアとも呼ばれ、バクテリアと植物の両方に似た微生物です。 シアノバクテリアは、牛にとって非常に有害な二次代謝産物であるシア...

記事を読む

シアン化物中毒(Cyanide poisoning) ~ シアン化物は体内の細胞による酸素の使用を阻害し窒息を引き起こす

シアン化物(「prussic acid (青酸) 」 、 「hydrocyanic acid (シアン化水素酸) 」 とも呼ばれる)は非常に強力で、急速...

記事を読む

銅中毒(Copper Poisoning) ~ 牛に対して肝毒性および腎毒性を示し牛群の死亡率を高める可能性があります

銅の過剰摂取は、牛に対して肝毒性および腎毒性を示し、牛群の死亡率を高める可能性があります。銅中毒は急性型と慢性型があり、臨床徴候が異なります。 ...

記事を読む

嚢胞性卵巣疾患(Cystic Ovary Disease) ~ 乳牛の卵巣に最もよく見られる病気

嚢胞性卵巣疾患(COD)は、乳牛の卵巣に最もよく見られる病気です。 嚢胞性卵巣疾患は、卵胞嚢胞と黄体嚢胞の2つの異なる形態で現れます。卵胞嚢胞...

記事を読む

牛伝染性角結膜炎(Pinkeye) ~ 世界中の肉牛や乳牛が罹患する一般的な急性の伝染性の高い眼病

ピンクアイは、牛伝染性角結膜炎(IBK)としても知られており、世界中の肉牛や乳牛が罹患する、一般的な急性の伝染性の高い眼病です。 牛の結膜炎は...

記事を読む

蹄底潰瘍(Sole Ulcer) ~ 体重の重い高泌乳牛での発生が多く大部分は蹄葉炎に続発します

蹄底潰瘍(ていていかいよう)は、過密で不衛生な環境で生活する乳牛に見られる重大な足の疾患です。 これは、蹄底と蹄踵の接合部の軸側寄りの真皮に出...

記事を読む

マイコトキシン症(Mycotoxicosis) ~ 人または家畜の健康をそこなう有毒物質であるカビ毒をマイコトキシンと呼びます

マイコトキシン症とは、マイコトキシンの経口摂取、皮膚接触または吸入に起因する症候群を指します。 マイコトキシンはいくつかの属、特に(アスペルギ...

記事を読む

シマスズメノヒエふらふら病(Paspalum Staggers) ~ シマスズメノヒエの摂取から生じるウシの神経疾患

シマスズメノヒエふらふら病は、クラビセプス・パスパリ(Claviceps paspali)の菌核 (麦角) を含むシマスズメノヒエの摂取から生じるウシの...

記事を読む

ヘビ咬傷(Snake Bite) ~ 牛は放牧地で時々蛇に遭遇することがあり牛が噛まれることがあります

牛は放牧地で時々蛇に遭遇することがあり、その結果、牛が噛まれることがあります。 噛まれた時の重症度は、噛まれた場所、蛇毒の種類、牛の大きさや種...

記事を読む

フェスク中毒(Fescue Poisoning) ~ エンドファイト(内生菌)に感染した草や干し草を食べることで時間とともに中毒を起こす

オニウシノケグサ(フェスツカ・アルンディナケア:Festuca arundinacea)は、米国南東部に最も多く生息するイネ科に分類される雑草の一種で、...

記事を読む

フォックステイル(Foxtails) ~ 食べると牛の口腔に損傷を与えることがあります

フォックステイルグラス(エノコログサ)は、鋭い棘を持つ植物の集まりで、食べると牛の口に損傷を与えることがあります。 最も頻繁に観察される種は次...

記事を読む

光線過敏症(Photosensitization) ~ 日焼けによって引き起こされるのと似たような症状を示す重度の皮膚炎

光線過敏症は、日焼けによって引き起こされるのと似たような症状を示す重度の皮膚炎です。 これは、日光と特定の化学物質への曝露の組み合わせの結果と...

記事を読む

牛の破傷風(Tetanus) ~ 強力な神経毒によって引き起こされる致死率の高い疾患

破傷風は、嫌気性の芽胞形成細菌であるクロストリジウム・テタニ(破傷風菌)(Clostridium tetani)が作り出す強力な神経毒によって引き起こさ...

記事を読む

子牛の関節炎(Joint Ill) ~ 迅速かつ積極的な治療が必要

関節炎は、感染性関節炎や新生子牛多発性関節炎とも呼ばれ、子牛では生命を脅かす緊急事態と考えられ、迅速かつ積極的な治療が必要です。 これは、関節...

記事を読む

シラミ(Lice) ~ ウシの皮膚病の最も一般的な原因の一つです

シラミの寄生はウシの皮膚病の最も一般的な原因の一つです。 ウシに寄生するシラミにはいくつかの種が知られており、ウシジラミ(ハエマトピヌス・エウ...

記事を読む

鉛中毒(Lead Poisoning) ~ 牛の体内に鉛が蓄積して起こる深刻な病気

鉛中毒は、牛の体内に鉛(非常に有毒な金属)が蓄積して起こる深刻な病気です。 ウシでは末梢神経障害を引き起こし、反回喉頭神経の麻痺に起因する筋力...

記事を読む

落雷(Lightning Strike) ~ 雷雨時の牧草地での放牧中に落雷により死亡する危険性があります

牛は雷雨時の牧草地での放牧中に落雷により死亡する危険性があります。 リスクの程度は、地理的地域の落雷密度、牧草地の地形的景観、牧草地内の樹木の...

記事を読む

ヒアリの攻撃(Fire Ant Attack) ~ 牛を噛み付いたり刺したりして襲うことがあります

牛は、牧草地を歩き回っているときに、誤って踏んだり、転がったり、ヒアリ(Solenopsis invicta)によって作られた塚に近づきすぎたりすること...

記事を読む

扁平上皮がん(Squamous Cell Carcinoma) ~ 牛の眼球、上眼瞼、下眼瞼、および第三眼瞼に認められる腫瘍の一種

扁平上皮がん:へんぺいじょうひがん (SCC) は、牛の眼球、上眼瞼、下眼瞼、および第三眼瞼に認められる腫瘍の一種です。 最も多くみられるのは...

記事を読む

ボツリヌス症(Botulism) ~ ほとんどの症例は致死的です

ボツリヌス中毒は、世界中の牛にとって非常に重要な神経筋疾患です。 ボツリヌス中毒は、クロストリジウム・ボツリナム(Clostridium bo...

記事を読む

子牛ジフテリア(Calf Diphtheria) ~ 若齢子牛(5週齢~24ヶ月齢)に発生する壊死性喉頭炎

子牛ジフテリアは、世界中の若齢子牛(5週齢~24ヶ月齢)に発生する壊死性喉頭炎であり、フソバクテリウム・ネクロフォーラム(Fusobacterium n...

記事を読む

スポンサーリンク
336×280