鶏に大きなストレスを引き起こすトコジラミ(ナンキンムシ)



トコジラミ、別名、南京虫( Cimex lectulariusおよびC.hemipterus )は、夜に鶏を吸血する小さな羽のない昆虫です。


トコジラミは、鶏に大きなストレスを引き起こす可能性があります。


重度の寄生は、過度の羽毛喪失、総排泄腔刺激と脚の病変、さらには極端な場合、貧血にさえつながる可能性があります(特に若鶏や小型の鶏種)。


さらに、トコジラミは40種以上の病原体を宿していることが知られています。

トコジラミとは?



成虫のトコジラミは、赤褐色の平らな羽のない楕円形の昆虫です(通常、長さ4〜6 mm)。


吸血した後のトコジラミは変化し、より風船のように長く伸びたように見えます。


鶏に大きなストレスを引き起こすトコジラミ
鶏に大きなストレスを引き起こすトコジラミ



若いトコジラミは、成虫よりもはるかに小さく、異なる色をしています。白黄色または半透明の外観で、肉眼ではほとんど見えません。

トコジラミの行動



トコジラミは主に夜行性で、日中は小屋や巣箱のひび割れ、割れ目、角に隠れています。


彼らはくちばしのような口器で鶏の皮を突き刺すことで吸血します。通常5〜10分間吸血し、その後隠れ場所に戻って3〜7日かけて消化します。


雌のトコジラミは卵を隙間に産み、4〜12日で孵化します。


一匹の雌のトコジラミは、生涯に最大540個の卵を産むことができます。適切な条件下では、トコジラミの個体数は最終的に16日ごとに2倍になります。


トコジラミに刺激を与えると、カメムシが放つ臭いに似たはっきりとした不快な臭いを放ちます。この臭いは、特別な腺によって生成される油性分泌物です。


トコジラミは、7°C(46°F)という低い温度でも生き残り、活動し続けることができますが、体温が45°C(113°F)に達すると死にます。


トコジラミは制御するのが難しい場合があります。彼らは餌を与えなくても数ヶ月生き残ることができます。また、Tempo®(シフルトリン)やペルメトリンなどのピレスロイド系農薬に対する耐性(免疫)がますます高まっています。

トコジラミの臨床兆候



●虚弱

●過敏な行動

●羽毛の喪失

●換気刺激

●脚の病変

トコジラミの駆除



●ピレスロイド系農薬


農薬製品を使用する場合は、ラベルを確認し、指示に従ってください。


多くは鶏にとって非常に有毒であり、鶏が中にいる小屋には使用すべきではありません。 また、スプレーするときは、すべての角、ひび、割れ目など、トコジラミが隠れている可能性のあるものをすべてスプレーしてください。


卵は駆除中に常に殺滅されるとは限らないため、おそらく約2週間後にスプレーを繰り返す必要があります。

キジと水鳥 仲田幸男
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280