鶏が歩き回る場所で犬を排便させてはダメ!アライグマ回虫感染の恐れ(Baylisascaris)

鶏が歩き回る場所で犬を排便させてはダメ!アライグマ回虫感染の恐れ
鶏が歩き回る場所で犬を排便させてはダメ!アライグマ回虫感染の恐れ



Baylisascariasisは、アライグマ回虫、 Baylisascaris procyonis (アライグマと犬に見られる)、時にはB.columnaris (スカンクに見られる)、およびB.melis (アナグマに見られる)の幼虫によって引き起こされる人獣共通感染症です。


アライグマでは、成虫が小腸に住んでいます。


メスの虫が産んだ卵が糞便を通して地面に達すると、理想的な湿度と温度の条件下で、第1期の幼虫が形成されるのに最低約2週間かかります。


メスの虫は、虫ごとに1日あたり115,000〜179,000個の卵を産みます。


したがって、感染したアライグマは糞中に1日あたり数百万の卵を含みます。 糞が溶けた後でも、回虫卵は凍結温度にさらされた場合でも、環境内で数年間生存し続けます。


鶏は、環境に存在する卵の偶発的な摂取によって感染します。


卵を摂取するとやがて、幼虫となり腸壁を貫通し、血流を介して中枢神経系(CNS)や目を含む他の臓器や組織に到達します。


その後、さまざまな臓器や組織の肉芽腫に落ち着き、頭の傾きや麻痺などの神経学的兆候が突然現れます。

アライグマ回虫感染の臨床兆候



●頭の傾き

●麻痺

●旋回

●運動失調

●発作

●振戦

●止まりにくい

●失明

アライグマ回虫感染の治療・支持療法



鳥を群れから隔離し、安全で快適で暖かい場所に置き、ストレスのない生活をさせます。


●ピペラジン


100-500mg / kg 経口投与q2w


●パモ酸ピランテル


4.5-25mg / kg 経口投与、q2w


●モキシデクチン


0.2-0.8mg / kgを1回経口投与

アライグマ回虫の予防



アライグマ、スカンク、またはアナグマが鶏が採餌する場所に入らないようにします。


鶏が歩き回る場所で犬を排便させてはいけません。

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク
スポンサーリンク
広告336×280