ぺっとくすり

鳥インフルエンザ(届け出伝染病),家禽ペスト(法定伝染病)



病名
鳥インフルエンザ

病因
インフルエンザウイルス

主な宿主
七面鳥、水禽類、ウズラ

発症日齢
全日齢

病気の伝播
速い、水平

死亡率
0~90%以上

症状
大量急死、呼吸器症状、産卵停止・低下、神経症状、下痢

肉眼病変
顔面・肉冠・肉垂の浮腫とチアノーゼ、呼吸器粘膜の炎症、水腫、諸臓器・筋肉のうっ血・充出血、脚の浮腫・チアノーゼ

診断
臨床・部検所見、ウイルス分離

血清反応:HI

予防・対策
家禽ペストは日本での発生は無い

鳥インフルエンザをもっと詳しく



鳥インフルエンザ(AI)は、鳥に対し非常に伝染性の高いウイルス感染です。


AIは、高病原性または低病原性です


低病原性鳥インフルエンザ(LPAI)ウイルスは、鳥インフルエンザのより軽度の形態(軽度の呼吸器症状)を引き起こし、高病原性鳥インフルエンザ(HPAI)ウイルスは、より重篤な形態(多臓器感染)を引き起こします。


高病原性鳥インフルエンザ(HPAI)ウイルスに感染したほとんどの鳥は生存しませんが、LPAIウイルスに感染した多くの鳥は回復できます。


臨床徴候は、LPAIの軽度の感染症(ニワトリが食欲不振、軽度の呼吸器疾患、および下痢を示す)から、HPAIを伴う重度の呼吸器、神経、および消化管(GI)の徴候(高い死亡率をもたらす)までさまざまです。

鳥インフルエンザの診断



AIは、寒天ゲル免疫拡散法(AGID)やrtPCRなどの迅速な診断方法を使用して、鶏で診断されます。


ウイルスの分離は、鳥がAIウイルスに感染していることを確認する「ゴールドスタンダード」と見なされます。

鳥インフルエンザの感染方法



鳥インフルエンザは、空気中に広がるエアロゾル、鼻および呼吸器分泌物中のインフルエンザ粒子の摂取、媒介物、または感染した鳥の糞便との直接接触によって伝染します。


野生の水鳥はしばしば低病原性インフルエンザウイルスの保因者であるため、多くの場合、それらは群れの侵入源となります。

鳥インフルエンザの潜伏期間



鳥インフルエンザウイルスの潜伏期間は3〜5日で、ウイルスの投与量、曝露経路、曝露された種、および臨床徴候を検出する能力に依存します。

臨床兆候



●飼料と水の摂取量の減少

●羽毛を膨らませ沈うつ

●片側顔の腫れ

●くしゃみ

●赤い目または涙目

●声の変化

●せき

●開口呼吸

●斜頸

●麻痺

●減量

●突然死

●鼻汁

●産卵の減少

●チアノーゼ

●血が混じった分泌物

●発赤肌

●下痢

●濃い色の糞

●局所斑状出血



●支持療法


鳥を群れから隔離し、安全で快適で暖かい場所に置き、水と食物に簡単にアクセスできるようにし、ストレスのない生活をさせます。


●アマンタジン


経口投与(25 mg / kg)または飲料水(100 mg / L)x感染後10日で投与


●オセルタミビル


0.5 mg / kg PO q12h x 5日、発生時に健康な鳥に予防的に投与。


●リマンタジン


100 mg / Lの飲料水、曝露前および曝露中に使用する必要があります

キジと水鳥 仲田幸男
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280