ニワトリに起こる一般的な貧血について



貧血は、ニワトリの血液に十分な健康的な赤血球が不足している場合、または外部または内部で失血している場合に発生します。


血液は、体内の組織内で酸素と二酸化炭素を輸送するためにヘモグロビン(赤血球内の鉄を含む色素とタンパク質)を必要とします。


ヘモグロビンは、赤色素であるヘムを持っているため赤色を帯びています。通常、古い赤血球は新しいものと定期的に交換されます。


貧血のニワトリは、通常のように古い細胞を交換する能力がありません。 ニワトリに起こる一般的な貧血には、失血、溶血、慢性の3つがあります。


●失血性貧血


失血性貧血は、内部または外部の外傷の結果、または血液を吸血している外部寄生虫(ダニ)によるものです。


●溶血性貧血


溶血性貧血は、赤血球が破壊されることによって起こる貧血で、多くの病気、状態、および要因により、ニワトリの体自身が赤血球を破壊する可能性があります。


●慢性貧血


通常、慢性感染性、毒性または栄養性疾患によって引き起こされる貧血の一種。

貧血の臨床兆候



●弱さ

●無気力

●削痩

●くすみ・顔が白っぽい

●羽のつやが悪い

貧血の治療



●支持療法


鳥を群れから隔離し、安全で快適で暖かい場所に置き、ストレスのない生活をさせます。


根本的な原因を特定して改善する

貧血の予防



鶏がバランスの取れた食事を摂れるようにする


定期的に糞便検査を行い、寄生虫を検査します


鳥の健康状態を定期的に検査する


鉄デキストラン:10mg / kg IM、7-10日で繰り返す。

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク
スポンサーリンク
広告336×280