我が家の大和軍鶏の系統(血統)

大和軍鶏
大和軍鶏

異血の血統

初めての大和軍鶏、2015年05月22日生まれ(雌)
熊本県のH氏より種卵を分譲頂き、孵卵器で孵化させました。

1歳頃になり無精卵を抱卵するようになりましたので、熊本のH氏に依頼し種卵を分けて頂き抱卵させる。抱卵も育雛も非常に上手です。

大和軍鶏
大和軍鶏

そして2016/05/02日に孵化しました↑↑

大和軍鶏
大和軍鶏

どうしても大和軍鶏の雄が欲しかったので↑の大和雌が無精卵を抱卵する頃合を見計らって、さらに熊本のH氏にお願して大和赤笹の種卵を分けて頂いて孵化したのが↓の雄です。

大和軍鶏
大和軍鶏

ちなみに、分けて頂いた種卵の親鳥は↓↓となります。

大和軍鶏
大和軍鶏

つづく…

雄鶏の行動

普通、軍鶏の飼育というと喧嘩するで小屋飼育が基本となりますが、ペアの雌鶏が自ら産卵・抱卵・育雛した場合、雄鶏はどのような行動をするのか?孵化した雛鳥(多分、♂1羽、♀3)を傷つけたりするのか実験しています。


予想に反してですね、雄鶏は常に外敵からの警戒警備や雛の世話をすることに驚いています。


夜間、雛は母鶏の羽の中で休むのですが、雄鶏もその様子を見てお座りをして雛を受け入れるような行動もします。

スポンサーリンク