ウスズミハッカン Lineated Kalij

ウスズミハッカン
ウスズミハッカン


南ビルマの産で、日本には数少ないです。雄は全体として灰色ですが、羽の中に非常に細い白条が黒色の基地の中にあって非常に美しいです。


雌は褐色ですが、胸と背に黒と白の鮮明な斑点があります。


卵は目方38g、長短径は5cm x 3.7cmあり、25日で孵化します。


雄の羽冠は黒で眼のまわりは赤色です。
NEXガード
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
スポンサーリンク