香川で鳥インフル9万羽殺処分へ

鳥インフルエンザ
鳥インフルエンザ

四国で初めて病原性鳥インフルエンザが発生した香川県は、採卵鶏やブロイラーの飼育数が推計約700万羽に上る「養鶏県」として知られる。


衛生対策を徹底するなど「打てる手は打ってきた」(関係者)が、ウイルス感染が確定し、風評被害への懸念も募る。


香川県は以前から鳥インフルエンザを大きなリスクとして認識。


担当者は「他県で発生した際にも消毒液を養鶏農家に配布し、定期的に立ち入り検査をしてコミュニケーションを密にしてきた」と説明する。


衛生対策を徹底するなど「打てる手は打ってきた」とのことだけど、そもそもバタリーケージ飼育の不健康な鶏で、免疫力も低下しているので鳥インフルエンザウィルスに罹患しやすくなるんじゃないですかね?


衛生対策は当たり前のことで、先ず飼育羽数を減らし飼育環境を改善すれば良いのにといつも思います。


が、養鶏業者には死活問題なのでムリですかね


毎年懲りないねという感じです。

スポンサードサーチ