黄身の色が濃いほどおいしいという誤解

バタリーケージ
バタリーケージ

卵の裏側


とある食レポの掲示板を見ていたらどこかの主婦が得意そうに卵について語っていた。


卵は、白い卵より赤い(通称、赤玉)卵を選んで、黄身が濃い卵が栄養価が高くて良い卵だそうな。


確かに赤い卵の方が何だか高級そうで美味しそうな感じがしますし、価格的にも割高で売られたりしますが、これは茶色い鶏が産んだ卵なんです。つまり、「卵の色=鶏の羽の色」なんですね。


白い鶏が産んだ卵は白い卵なのです。(鶏種により例外はありますが)


なので、栄養価とかなんら関係がありません。


黄身の色についても誤解されていますが、黄身の色は、鶏が食べた餌の色なのです。


養鶏農家や流通が卵を高く売るために餌に赤いパプリカの粉末を混ぜて与えているんですね。そうすると濃い黄身の卵を産みます。


現在の配合飼料の主流は輸入トウモロコシをベースとしていますので、黄身が白っぽくなっちゃいますので、見栄えを良くする為にパプリカを混ぜて黄身を濃くしているんです。


しかも輸入されているトウモロコシは遺伝子組み換え物がほとんどで、さらに収穫後に散布する防カビ剤や添加物の問題もあります。


健康な卵というのはバタリーケージ以外の方法で飼育されていて、もちろん餌も安全なモノを食べている鶏の卵です。


バタリーケージ飼育されている鶏というのは大変不健康で定期的に殺虫剤や抗生物質を投与されている鶏です。


このような鶏が産んだ卵を食べたいと思いますか?


たとえ安くても抗生物質入りの卵を食べたいとは思わないなぁ。


自分たちが当たり前に食べるものがどこから来るのか知っておいた方が良いかもですね

バタリーケージとは何ですか?

バタリーケージ
バタリーケージ



バタリーケージとは、ワイヤーでできたケージの中に鶏を入れ、それを何段かに重ねて飼育する方式で、 周りをすべて金網で囲まれた檻です。卵が転がりやすいようにケージが傾斜しているのも特徴です。


満員電車から一生出られないというような状況と言えば分かり易いかなぁ。今時、時代遅れの飼育方法だし、まぁ虐待みたいなもんです。


こんなこと書くと関係者から物凄い圧力が掛かるんだけど、事実なんだしシレっと言っちゃいますが


日本の採卵養鶏の90%以上がこのような飼育管理がなされていて問題視されていますし、このような飼育形態を廃止させようとする動きも高まっております。
NEXガード
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
スポンサーリンク