ブンチョウの飼い方

ブンチョウはまき餌の鳥ですから、ヒエ、アワ、キビなどを混ぜたものを与えます。原産地では稲を食べているので、小米を与える事もあり、発情...

記事を読む

ブンチョウ(文鳥)の種類

ブンチョウは燕雀目キンパラ科の鳥で、ジャワ、マライ方面の水田などに多く居て、原産地では稲の害鳥とされています。今では3品種います。こ...

記事を読む

『大和軍鶏』2017/6/18日生まれですので満1歳

満1歳になる大和軍鶏(赤笹種)です。今まで体調を崩したことはなく順調に育っています。現在、繁殖期のようで毎日の様に交尾をしており、雌...

記事を読む

洋鳥を飼うためには

洋鳥とくにフィンチ類を飼うためには、是非守らなければならないことが沢山ありますが、第一に注意しなければならないのは脂肪過多にならない...

記事を読む

キンランチョウ・オオキンカチョウ・シコンチョウ

●キンランチョウ アフリカ原産の鳥で、雄の全身は黄金色をしていますから雌とはすぐ区別できます。巣引はあまりうまくいきません。...

記事を読む

コウカンチョウ・コウヨウチョウ

●コウカンチョウ スズメ科のやや大型の鳥で、雄の頭部は美しい鮮紅色ですが、雌は地味です。原産地はブラジル。 ...

記事を読む

テンニンチョウ・セイキチョウ・ムナジロシマコキンチョウ

●テンニンチョウ キンパラ科に属し、アフリカに原産する鳥で、雄は長い尾をもち非常に美しいのですが、雌の尾は短いです。 ...

記事を読む

キンセイチョウ・サクラスズメ

●キンセイチョウ キンセイチョウにはオナガキンセイチョウ、シュバシキンセイチョウ、キバシキンセイチョウの3種があります。皆、オ...

記事を読む

コモンチョウ・ギンパラ

●コモンチョウ コモンチョウはオーストラリアに原産する中型のフィンチで、高級フィンチの部類に属します。全身が美しい浅黄色で、雄...

記事を読む

コマチスズメ・ホオコウチョウ

●コマチスズメ コマチスズメはオーストラリアに原産するキンパラ科の鳥で、高級フィンチの代表的なものです。雄は黒褐色の地に深紅色...

記事を読む

雷鳥の生態(特にPtarmigansについて)

晩冬から雄は他の雄を入れずテリトリーを作り、激しく空中で追いかけゴロゴロ、ガアガア、キイキイと声を出して争います。アラスカのような3...

記事を読む

古代キンカチョウ

燕雀目キンパラ科の鳥で、オーストラリアに原産します。たいへんに美しい小型の鳥で、動作が愛くるしいのでジュウシマツに次ぐ大衆的なフィン...

記事を読む

雷鳥類について(Ptarmigans and Grouse)

雷鳥は雉科の鳥ですが、鼻孔まで羽がある事と、脚が低いことから、別の大きい亜科を形成しています。北半球の北部に産し、ユーラシア大陸に1...

記事を読む

高級フィンチ・コキンチョウ

キンパラ科の鳥のうち、美しい色彩のもので小型のものをフィンチと呼び、そのうちコキンチョウなど特に美しい姿のものを高級フィンチと呼びま...

記事を読む

【電気孵化法・検卵法編】オシドリの飼い方

水鳥の卵は雉類の卵より湿度の高い状態で温卵する必要があります。孵卵器(平面)は温度は39.4℃ですが、湿度は75%或いは其れ以上を必...

記事を読む

杉並の籠脱けベンガルワシミミズクが死亡したようだ

都心の住宅街を騒がせたミミズク騒動も終焉を迎えそうだ。警視庁杉並署によると、2月25日午9時すぎ、東京杉並区の梅里公園前の歩道で「ミ...

記事を読む

ジュウシマツ:十姉妹(巣引・変種)

ジュウシマツの巣引は、最もやさしいので初めて小鳥を飼う人はこれで練習するのが良いのです。巣引をするには、まず庭箱といって木の箱を用い...

記事を読む

【雛・餌付け編】オシドリの飼い方

オシドリの雛に対する最初の餌付けは生後48時間後に行います。餌としては、ムキ粟と養鶏用のチックフードを水浸しで与えるのですが、深さ1...

記事を読む

ジュウシマツ:十姉妹(雌雄の見分け方・種類・改良)

ジュウシマツは燕雀目のキンパラ科の鳥で、原産地は中国南部・インドシナ、タイ、マライですが、この方面にいるキンパラ科のものを中国で交雑...

記事を読む

【孵化・巣立ち編】オシドリの飼い方

オシドリの雛は孵化後、30時間位しますと雛は巣立ちします。此の雛は驚くほど早成の雛です。したがって小鳥の雛の様に何日も何日も親鳥が餌...

記事を読む

スポンサーリンク