アカゲラ・ブッポウソウ

●アカゲラ アカゲラは欧州、アジアに広く分布し、同類に小型のコアカゲラ、チュウアカゲラ、(日本にはいない)オオアカゲラがいます...

記事を読む

ベニヒワ・ヨタカ

●ベニヒワ ベニヒワはシベリアや欧州の寒帯性の小鳥で額の紅色が特徴です。 日本では冬鳥となります。 ...

記事を読む

ヤマセミ・カヤクグリ・アカハラ

●ヤマセミ ヤマセミは大型のカワセミで、山間から山麓の広い川の人の近寄り難い崖のある所に棲み、そこに穴を空けて産卵します。 ...

記事を読む

カッコウ

カッコウはヨーロッパ、アジアに広く分布する鳥で、その名の通リカッコウ、カッコウと鳴くので良く知られ、どの国でも同じような名で呼んでい...

記事を読む

オオルリ・サンコウチョウ・カワガラス

●オオルリ オオルリやサンコウチョウは夏に渡来する低山帯のヒタキ科の鳥で、オオルリのルリ色の美しさとサンコウチョウの長い尾の姿...

記事を読む

ビンズイ・シジュウカラ・ハリオアマツバメ

●ビンズイ ウグイスと同じように低い山で繁殖して、秋になると平地へ移って来ます。巣は登山道路の道端や、松林の地上に落ち葉を積み...

記事を読む

ウグイス

ウグイスは低い山の広葉樹林の地上1メートルぐらいの茂みの中に、笹などを用いて円形の巣を作り、卵は赤褐色をしていて4~5卵を産みます。...

記事を読む

ツグミ・クロツグミ

●ツグミ 日本で知られているツグミは16種類もあります。その他のツグミ科の鳥、例えばコマドリやノビタキを加えると27種類に...

記事を読む

キジ・ヤマドリ・ウズラ

日本雉は日本の独特な種類で、外国では珍しがられています。この為、日本の国鳥に選定されました。日本には本州、四国、九州に分布してい...

記事を読む

シメ・コカワラヒワ・ノゴマ

シメは北海道では繁殖しますが、本州では冬鳥です。シーと鳴いて通常、高い枯れ枝に単独でとまっています。嘴が太く、やや胴長で尾の短い...

記事を読む

2019年越冬明けのクサガメ

今年も体調を崩す個体もなく、無事に起きてきました。大体例年通りくらいだと思います?3月15日に1頭起きてきて日光浴を始めたのが最...

記事を読む

ノビタキ・ジョウビタキ

4月の中旬から5月のはじめ頃になると、中国南部やインド方面から渡って来る鳥で、本州では高原、北海道では平地や畑にいます。飛んでい...

記事を読む

チックフード(ヒヨコの餌)

ニワトリの雛用飼料としてうずらフードを与えています。毎回雛が孵る度にうずらフードを与えて育てていますが、トラブルなく育ちます。初...

記事を読む

カワセミ

腰のルリ色の美しい小型の鳥で、水辺にじっと留まり、水面に出てくる魚を見つけると、矢のように突っ込んで捕らえます。またツーっと鳴いて弾...

記事を読む

鶏の虫下しに塩酸レバミゾール を使用します

鶏の虫下し(鶏回虫、鶏毛細線虫、鶏盲腸虫の駆除)に塩酸レバミゾール(製品名:リペルコールL)を使用します。鶏回虫は、体長が雌虫6...

記事を読む

【大和軍鶏】2019.3.27日2羽孵化

親鳥に卵を2個抱卵させて、予定通り21日で孵化しました。恐らく雄と雌と思います。茶色っぽい羽色は経験上、雄の確立が高いですが、ま...

記事を読む

キセキレイ

キセキレイはヨーロッパ、アジアに広く分布し、日本でも普通の鳥です。元来水辺を好む鳥で、冬は平地の村落、都会の川に沿って見られますが、...

記事を読む

モズ

モズは小鳥の中の【猛禽】みたいな鳥です。その嘴は先が鋭く曲がり鉤があります。脚は普通の鳥と同じですが、やはりかなり強い力を持っていま...

記事を読む

メジロ・ヒヨドリ・オナガ

いわゆるウグイス色(緑色)はこのメジロの色です。目に白メガネを掛けた可愛い姿が愛され、良く籠に飼われていました。現在では捕獲や飼育は...

記事を読む

トビ(鳶)

トビはワシタカ類の中で、私たちが最も親しんでいる鳥です。その性質は他のタカのように激しくなく、小鳥や雉を襲う事はありません。どちらか...

記事を読む

スポンサーリンク