衰弱した子猫への授乳は難しい

自宅周辺をうろうろしていた迷い猫(捨て猫?)。 なんかちょっと太っているな~とは感じたもののあまり気にせずに部屋で飼っていたん...

記事を読む

イシガメやクサガメの餌

イシガメやクサガメの餌として《鯉餌》の咲ひかり・育成用浮上Lサイズを使用しておりましたが、原材料の高騰により商品価格も高くなり買えなくな...

記事を読む

うさパラから今治タオルが届きました!

なんというか太っ腹ですね。 今回はうさパラ X 今治タオルとのオリジナルタオルを頂きました。 うさパラで...

記事を読む

ペット医薬品通販のうさパラでオリジナルポーチを貰いました

フィラリア・ノミダニ薬がどこよりも格安なペット医薬品の個人輸入代行のうさパラでオリジナルポーチを貰いました。 ...

記事を読む

偽卵で産卵を抑制

一般的に多く産卵すると寿命が短くなると言われています。そのため産卵を抑制する方法として偽卵を使用しています。 鶏の雛が孵化する...

記事を読む

ミミズの増やし方

ミミズは真正の両性動物で、雄と雌の両器官を一つの体内に持っています。 一つのミミズは他のミミズとで繁殖できますが、其れ自身では...

記事を読む

我が家の大和軍鶏の系統(血統)

異血の血統 初めての大和軍鶏、2015年05月22日生まれ(雌) 熊本県のH氏より種卵を分譲頂き、孵卵器で孵化させました。 ...

記事を読む

どこから来たんだい?

1週間ほど前から自宅周辺でチラホラ見掛けていた小猫 少し痩せてはいるけれど、食欲はある。左目が炎症を起こしているようなので...

記事を読む

海岸でかき殻拾い

※海岸でかき殻を拾ってきました かき殻の添加量の目安 配合飼料にかき殻は1~2%添加が理想 コーネル大学のスコ...

記事を読む

コンゴー孔雀 Congo peacock

此れは最も近代に発見された鳥で、アフリカ(エチオピア区)には雉はいないと言われていたのですが、此の鳥の発見で、唯、1種類雉がアフリカ...

記事を読む

鶏マニアは面倒くさい

なんだか鶏マニアは面倒くさいですね。 わざわざメールでお宅の鳥は…とか、飼育している鶏の自慢話や幾らで買ってきたというような話...

記事を読む

カンムリセイラン Crested Argus

此の鳥は日本の鳳凰の原形だと言われている鳥で、支那ででも霊鳥として取り扱われました。 原産地は安南、マレーですが、現在...

記事を読む

セイラン Great Argus

セイランは孔雀相当の大きい鳥ですが、小孔雀と近縁の鳥です。 孔雀が金銀の光沢があるのに対し、セイランは金属光沢はありま...

記事を読む

ベニジュケイ Temminck’s Tragopan

此の鳥も非常に美しく、支那で飼育者に幸運をもたらす鳥として、長年禽舎で飼われました。 繁殖期に喉から出す肉垂は他のジュケイ...

記事を読む

ヒオドシジュケイ Satyr Tragopan

5種のジュケイの内、本種が1番大きく立派で、又入手の割合が容易なものです。 然し、今、日本では東京の上野動物園が飼っている...

記事を読む

ジュケイ Tragopan

ジュケイは印度、ビルマ、支那の高山にいる鳥で、支那ではツノ雉と言っています。 中々立派な又高価な鳥ですが、適当な注意の下で...

記事を読む

16歳まで加入可能なペット保険のペッツベスト

小額短期保険会社と損害保険会社の違い 人気のペッツベストはペッツベスト小額短期保険株式会社です。 あれ? 保険は...

記事を読む

パラワン小孔雀 Palawan Peacock Pheasant

此れが一番美しい小孔雀だといわれているのですが、パラワン島だけに産します。 羽冠は長く、濃緑色で、金属光沢があります。雌も...

記事を読む

ジャーメイン小孔雀 Germain’s Peacock Pheasant

此の鳥はそう臆病ではありません。原産地では殆ど年中繁殖します。 即ち雛が大きくなって、母鳥から離れて独立出来る様になれば、...

記事を読む

灰色小孔雀 Grey Peacock Pheasant

此れは広範囲の地域に棲息し、シッキム、ブータン、ビルマ、トンキン、ハイナン、タイ、ラオス、ベトナム等にいます。 後述するジ...

記事を読む

スポンサーリンク